HOME > 土地活用のすすめ > 市街化区域農地の宅地並み課税を何とかしたい > 「市街化区域農地の宅地並み課税」への対応策

「市街化区域農地の宅地並み課税」への対応策

宅地並み課税の対策はお済みですか?

農業を続けたい

生産緑地制度を利用する

イメージ:田園

【メリット】
生涯農業を続けようと思っている方にとって、今までと同じ固定資産税・都市計画税で農業が続けられます。
【デメリット】
500m²(約150坪)以上ある一団の土地でないと認められません。
30年間農業を継続することが条件で、かつ売却することも出来なくなります。言い換えれば、農業は継続できるものの、自分の土地でありながら、自分の自由には出来ない土地になってしまいます。

農業を続けない

駐車場にする

イメージ:駐車場

【メリット】
造成して区画割をするだけなので、初期投資が少なくてすみます。
台数が埋まった分だけの収入が得られます。
【デメリット】
固定資産税・都市計画税は軽減されず上がってしまいます。
最近は、法人用としてのまとまった駐車場の利用が減り、空いている駐車場が目立っています。

詳しい駐車場の活用方法はこちら

貸地として利用する

イメージ:土地

【メリット】
土地だけで貸す場合であれば、初期投資が少なくてすみます。
幹線道路沿いなどの好条件の土地であれば、安定収入が期待できます。
【デメリット】
固定資産税・都市計画税は軽減されず上がってしまいます。
幹線道路から外れた場所では、借り手が少なく、地代が安くなってしまいます。
自分で建物を建てて貸す場合は、借主の業種が変わると、長期間空いてしまう場合もあります。

一部売却する

イメージ:土地

売却

売却代金

イメージ:賃貸住宅

賃貸住宅建築

【メリット】
売却した土地分の固定資産税・都市計画税が無くなります。
売却代金が得られます。
売却代金で、残った土地に賃貸住宅を建てれば、安定収入が得られます。
小規模な住宅用地であれば、売却しやすい。
【デメリット】
先祖代々の土地を手放すことで、身内から、非難を受ける場合もあり、売却に気を使う事もあります。
大きな土地の場合は、買い手が見つかりにく、売却が難しい場合もあります。

自宅または借家、賃貸住宅・マンションを建てる

イメージ:賃貸住宅

【メリット】
固定資産税・都市計画税の軽減が受けられます。(土地の固定資産税の軽減が受けられるのは、住居系の建物だけです)
子供に住宅用地として、提供すれば、喜ばれます。
借家、賃貸住宅、マンションを建てれば、長期的な安定収入が得られます。
【デメリット】
初期投資が必要になります。

「安心の35年一括借上」で安心です。詳細はこちら

Pick UP!

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!