セキスイハイム東海

セキスイハイムチャンネル静岡版


建築実例レポート

2016年1月No.01

「空気工房」との偶然の出会いから生まれた想像以上に快適な住まい。

2×4 Seriesミオーレ

2×4シリーズ ミオーレ 木質系

浜松市 Oさん邸[ご家族構成]
ご主人、奥さま
[営業担当]
角川 大祐

ミオーレP'sの暮らしぶりを拝見

  • 【イメージ】ミオーレP'sの暮らしぶりを拝見

  • 【イメージ】ミオーレP'sの暮らしぶりを拝見

  • 【イメージ】ミオーレP'sの暮らしぶりを拝見

切妻を組み合せたオレンジの屋根や、ベージュとホワイトを採用したツートンの総タイル外壁など、ミオーレらしい趣のある外観が印象的なOさん邸。ご夫妻も大満足のこの家ですが、「あの時、あのイベントがなければ、たぶん今頃違う家が立っていたと思う」とお二人はお話しされます。

それは、完成から遡ること数年前、まだお二人が結婚前のことでした。ご主人はヤクルト、奥さまは中日と、ともにプロ野球ファンのお二人は、寒い冬の日に住宅展示場で開催された中日・大島選手のトークショーを聴きに行きました。その帰り、まだ家を建てる計画などまったくなかったお二人ですが(なにしろまだ結婚前ですし)、せっかくだから(寒いし)ちょっと中に入ってみようということになり、たまたまグランツーユー展示場に入ったのでした。そこでお二人は、その全身を包み込むような心地いい暖かさにビックリ。たちまち魅了されてしまいました。そしてその暖かさは、全館空調システム「空気工房」によるもので、トイレも洗面室も廊下も家じゅう同じように暖かい、という説明を聞き、ますます気に入ってしまったのでした。

この「空気工房」と出会った時の印象は、その後もお二人の心の中にぽかぽかと灯り続け、やがて結婚し、マイホームの新築を考えはじめた時、当然のようにお二人は、「空気工房」のある家にしようと決めたのでした。

こうして完成したOさん邸は、冬場にとても暖かいのはもちろんのこと、空気清浄機能のおかげでお二人の花粉症の症状が軽減されるなど、「想像以上に快適な」住まいなのでした。めでたしめでたし。