セキスイハイム東海

セキスイハイムチャンネル静岡版


建築実例レポート

2016年12月No.01

雁行形状がもたらす変化に富み趣のある外観フォルム。

【イメージ】ハイムbjの暮らしぶりを拝見

ハイムbj ハイムbj 鉄骨系

島田市 Yさま邸[ご家族構成]
ご主人、奥さま、ご長男、ご次男、お父さま
[営業担当]
中里一郎

ハイムbjの暮らしぶりを拝見

  • 【イメージ】ハイムbjの暮らしぶりを拝見

  • 【イメージ】ハイムbjの暮らしぶりを拝見

  • 【イメージ】ハイムbjの暮らしぶりを拝見

  • 【イメージ】ハイムbjの暮らしぶりを拝見

建物形状を雁行とすることで、変形地のデメリットを美点に転化。
変化に富んだリズミカルな外観が道行く人の視線を集める、「美しい家」が誕生しました。

「家の前を通る県道の道路拡張に伴う建て替えで、セキスイハイムをお選びいただいたYさま。一番の決め手は、工場生産によるクオリティの高さ、とのこと。自動車部品会社の製造部長を務めるご主人らしい理由です。加えて、専門が鉄の溶接ということで迷わず鉄骨系を選択。
「端正なモダンデザインの外観。特にシャープな印象のフラット屋根が気に入ってbjを選びました」と、これまた明確なお答え。
そんな、住宅の品質やデザインに一家言をお持ちのご主人の期待に応えるべく、設計担当の当社デザイン室室長・小田樹が立てた設計テーマは「美しい家」。
「目立つ場所なので特に外観デザインにはこだわり、外構も含めてトータルに設計させてもらいました。しかし、かなり細長い台形の変形地のため敷地配置の自由度が低く、外観に個性的な美しさを持たせることと、暮らしやすい間取りプランを両立させることは難易度が高い作業でした」と、小田は振り返る。
結果的に、ご主人が提案した建物形状を雁行型とすることで、変化に富んだ趣ある外観と合理的な間取りの両立が図られた「美しい家」が完成しました。
「まさに『眺めてよし』『暮らしてよし』の家ですね」と語るご主人の笑顔が印象的なYさま邸でした。

商品別最新レポート