工場見学会

家づくり工場を見に行こう!

セキスイハイムの最大の特徴である工場生産。なぜ工場で作るのか?工場で作るとどんなメリットがあるのか?一度見学すれば、ほとんどの方が納得するのが「工場見学」です。工場見学というと堅苦しく感じるかもしれませんが、耐火、耐震実験や、5mの高さからユニットを落下させる落下実験等、家族みんなで楽しく学べるイベントです。

鉄骨系:先進の工場で行われる、お客様の顔が見える家づくり

画像

床フレームをアーク溶接。両サイドのフレームの間に鉄骨の小梁を一定間隔で溶接し、頑丈な床フレームを組み立てます。それにしてもスゴイ迫力!

画像

天井、床、柱のフレームを、コンピュータ管理の大型ロボットでスポット溶接。
これでハイムの最大の特徴である「ボックスラーメン構造」の6面体ユニットが姿を現しました。

画像

見るからに強そうなユニット。部材の一つひとつにまでお客様の氏名をいれ、それぞれのお客様に思いを寄せながら「オーダーメイド」の家づくりを実践しています。

画像

内外装仕上げを終えたユニットが次々と内部設備組入ラインに運ばれます。だいぶ家らしい姿になりましたね。

画像

いよいよ、内部設備を組み込みます。キッチンや洗面化粧台から、浴室ユニット、階段、建具、収納、電気配線まで工場内で行います。この後、専門の検査員が250項目におよぶ厳しい検査を実施し、これをクリアしたユニットだけが梱包・出荷されていきます。

ページの先頭へ

木質系:大型機械のパワーと精度で、ベテラン大工をしのぐ施工レベルを実現

画像

セキスイハイムが工場生産にこだわるのには理由があります。それは何といっても「お約束通りの性能を実現する」ため。一般的な建築現場では人の手や勘に頼る作業も、工場内で大型の先進機械を用いて行うことで、精度のバラつきを抑えることができるのです。もちろん、屋根の下での作業のため、部材が雨ざらしになることがなく、さらに防犯上も安心。まさに、いいことずくめ、というわけなのです。

さて、そんなツーユーホームの工場の第一印象は、とにかく「整然としている」ということ。
整理整とんが行き届いた快適で効率的な作業環境だからこそ、よりスムーズで、より正確な住まいづくりが行えるのですね。

画像

屋根の組み立ても地上で。このような安全で効率的な作業環境を確保することで、確実な組み立てとスケジュール通りの工期、さらには徹底した品質管理を実現。

画像

床板は継ぎ目が少ないほど強度や気密性の面で優位。けれども一般的な現場では、人が運べるサイズの床板しか扱えません。その点、工場生産なら、大型バキュームクレーンで、継ぎ目のない大きな床板を吸い上げてラクラク運搬できるのです。

画像

一般的な現場では、部材を人の力で位置合わせして組み立てるため、ズレやゆがみのない施工には高い技術が必要です。これに対し工場生産では、壁・床の組み立ては専用接合機で行うため、水平・垂直を正確に保ちます。

ツーユーホームは住まいづくりの大半を工場で行うユニット工法。このユニットにはすでに階段までついています。

ページの先頭へ

実験:ドキドキの実験が次々と!ウワサの「落下実験」も目の前で

落下実験

落下実験

ユニットをクレーンで高さ5mまで吊り上げて、一気に落下!
ドーンという地響きから衝撃の強さがうかがえます。
この後、据付を行い、ユニットに損傷のないことを証明します。

耐震実験

耐震実験

起震装置にユニットを乗せて、震度7の揺れを再現。これまでに6000回を超える実験を繰り返してきたにもかかわらず、窓がスムーズに開け閉めできるのは、ユニットに全くゆがみが生じていない証拠です!

耐火実験

耐火実験

約840℃の炎をハイムの外壁と構造用合板に当て、ハイムの優れた耐火性能を実証します。実験直後の外壁に恐る恐る触っても熱くありません。

ページの先頭へ

百聞は一見にしかず!
あなたご自身の目で先進の家づくりの様子をお確かめください。

バス工場見学会

ほぼ毎月一回開催。展示場など決められた場所に集合して、他のお客様と一緒にバスで工場に向かいます。ユニット落下実験、耐震、耐火実験などのイベントとの同時開催が多く、家族でもお楽しみいただけます。

キッズルームや託児所コーナーもご用意しています。

■工場バス見学会日程

3月25日(土)静岡県内各エリアから出発

会場:中部セキスイハイム工業株式会社(愛知県豊橋市)

参加申込みはこちら

  • 工場見学ツアーレポート
  • 一生モノ工場