HOME > セキスイハイムの賃貸住宅経営 > 性能

性能

「災害に強い住宅」という実績のある商品。

高強度・高耐久・高遮音性能を兼ね備えたセキスイハイムの賃貸住宅商品の性能をご覧ください。

遮音性能

外壁遮音

画像:外壁遮音

【交差点の騒音レベル(70dB)をヒソヒソ話(30dB)まで抑える。】

外壁材と石膏ボードの間に100mm厚のグラスウールを挟んだ二重壁構造。Dr-40という性能を実現しました。これは、交通量の激しい交差点の騒音(70dB)を、ヒソヒソ話(30dB)以下に抑えるレベルです。

床遮音

【ユニット一つ一つに確かな遮音性能。プランに左右されない独自の高遮音床。】

2階からの衝撃音は床板や柱梁を振動させて1階に響きます。レトア独自の吸振工法に加え、ユニット間集合梁を利用したJBD工法※1により、振動をカット。LAW-60※2という優れた遮音性能を実現しました。また、上下階の透過音に対してもDr-50※3という優れた性能を持っています。

※1 JBD(Joint-Beam−Dumper)工法
階上で発生した音は、まず6mm厚の防振シートにより衝撃を吸収します。また、衝撃によって発生した振動は構造体内のダンパー、JBDボードによって抑えられ発生した音は50mm厚のグラスウールにより吸収される仕組みです。

※2 レトアメゾネットの床遮音性能はLAW-65となります。

※3 Dr-50は、当社試作建物での測定値です。

画像:LAW-60

※クリックすると拡大します。

LAW‐60

画像:LAW-55

※クリックすると拡大します。

さらに低層集合住宅で最高水準の高遮音床(LAW-55仕様)もご用意しています。
※レトアメゾネットは除く

界壁遮音

画像:界壁遮音

【世帯間のプライバシーを守る、遮音界壁構造】

世帯間のパネルには、石膏ボードの二重張りに加え、吸音効果に優れた20Kのグラスウールを挿入しDr-50という高遮音の界壁構造を実現。隣世帯からのテレビ音や会話音などをほとんど気にならないレベルに抑えます。
※遮音性能は、界壁のタイプにより異なります。

排水遮音

画像:排水遮音

【深夜の2階トイレ音も気にならないパイプスペース遮音構造】

屋内の配管スペースを石膏ボードで囲み中に吸音材を挿入。
排水管には二重構造の防音パイプを使用した遮音設計。深夜の2階トイレからの排水音も抑えます。

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!