HOME > 土地活用のすすめ > 貸地を整理したい

貸地を整理したい

効率の良い資産活用に切り替えませんか?

所有から利用の時代へ

土地は「所有から利用へ」と言われています。この時代において、地主さんの旧法の借地権(※1)の借地契約がまだ多く残っています。その結果、土地の流動性、収益性が悪かったり、厄介な居住者の権利がついているために、資産運用上売るに売れないなどの問題が発生し、資産の有効活用、相続対策にとって、貸地は不良資産となっています。
以上の事から貸地整理で収益性を高め、生前からの準備、それにかかる費用を早めに検討される事をお勧めします。
(※1:平成4年8月1日に新借地借家法が施行された。理由は土地に対する需要に応じ、特に借地関係の規律が画一的であるため)

貸地整理のポイント

イメージ:事例

今後の方向性としては、収益性が低く様々な法的制約を受ける貸地の処分を(1)誰が、(2)いつ、(3)どのように、実行するのかが貸地整理のポイントでしょう。

(1)誰が

公平中立な第三者。
確かな能力とノウハウをもつ総合的な不動産コンサルタント業者。

(2)いつ

いつでも構わないが、地主側からすると「相続対策のための財産整理の一環」とするのが無難でしょう。不良債権を優良化して生前処分、物納、あるいは土地のより良い有効括用をはかる必要がある。資産価値がよみがえる貸地整理法、不良資産の優良資産返還法をご提供します。

(3)どのように

  • 【借地権と底地権の交換により、底地権を完全な所有権の更地に変換する方法】
    借地権割合に応じて、借地人は借地権の一部を貸主に返還して、それに見合った底地権を得て、賃貸借関係は終了されるのでお互い完全所有権となります。
  • 【相続税の物納として活用する方法】
    非常に収益性の低い資産である貸地を本来の価値で引き取ってくれる処分方法です。
    言い換えれば、物納で相続税の支払いに充てる価値ある方法です。
  • 【借地権を買い取って所有権にする方法】
    借地権者が第3者に売れば地主の承諾料がかかるうえ、正当な価値より低めの価値になりがちです。地主が買い取る事になれば意外と安く買い戻せることになります。

地主さんにとって借地権等を認めることは、心情的に不本意で納得しにくい事かもしれませんが、割り切らないと不良資産は永遠に無くなりません。早く気持ちを割りきって優良資産に変換する決意をして、行動にでてみてはいかがでしょうか。

上記の方法を組みあわせて実行すれば、効率の良い資産に変換できます。完全な所有権になれば、いつでも現金化できるし、活用して相続対策のアパ−ト、マンションも建てることもできますし、遺産分割もしやすくなります。

Pick UP!

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!