HOME > 賃貸住宅経営を始めたい > 土地の境界等のトラブル

土地の境界等のトラブル

隣地とのトラブルを早期解決しましょう。

トラブル回避の事前準備

土地の境界に関するトラブルを回避する為には大きく分けて以下の3つがポイントになってきます。

  • 地積測量図(※a)の有無
  • 公図(※b)・土地登記簿謄本(※c)の取得
  • 隣地土地所有者の把握

【補足】

(※a・・・地積測量図とは通常土地家屋調査士・測量士が作成した図面であり、土地の形状及び面積測定の結果を知ることができます。閲覧はその不動産を管轄する法務局及び出張所で申請する。ただし、登記が古い場合には地積測量図と建物図面はない場合がある。)

(※b・・・公図は土地の位置と形状及び地番を表示している)

(※c・・・土地登記簿謄本:登記制度は不動産の取引の安全をはかるため、不動産の概要と不動産の権利関係(所有権移転等)を不動産登記簿に登記し、これを公示することを目的としている。不動産登記簿には「土地登記簿」と「建物登記簿」があり、だれでも目的不動産を管轄する法務局及びその出張所で、登記簿の謄本の交付を受けることができ、利害関係のある部分に限り閲覧できる。)

現在起きているトラブルの解決策

第一に専門家(弁護士・司法書士・土地家屋調査士)に相談しましょう

現在起きているトラブルについては、まず法務局の窓口で相談後、早期に弁護士・司法書士・土地家屋調査士といった専門家に相談し、解決の為に要する手数料(報酬額)を確認し、依頼することをおすすめします。

今後、予測されるトラブルの解決策

プロの土地活用アドバイザーに相談しましょう

現在所有の土地を、将来活用の際にトラブルの発生が予測される場合も、やはり専門家に相談されることをおすすめします。
しかし、ここでの専門家とは上記とは異なり、各地に拠点を持つ総合住宅展示場にいるプロの土地活用アドバイザーのことです。是非一度相談されるとよいと思います。基本的には、無償(無報酬)でアドバイスが受けられます。

土地活用時のトラブルに関するご相談はこちら

土地活用と同時のトラブル解決策

関係する専門業者と協力して近隣への計画報告をしましょう

土地の活用(住宅建築・賃貸住宅、マンション建築・駐車場経営、等)を近々に計画される場合は、この計画に直接関係する専門業者の協力を得て、近隣地主に今回の計画について報告をし、トラブル有りの場合は一気に解決処理してしまう方法もよいでしょう。近隣の配慮から案外短期間で解決してしまった例が多くあります。

Pick UP!

セキスイハイムはお客様の賃貸住宅経営をトータルサポートします

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!