HOME > 賃貸住宅経営を始めたい > 自治会・近隣からの反対

自治会・近隣からの反対

賃貸住宅・マンション建設の際には早期に対策を!

自治会・近隣の反対というハードル

近所の住民や自治会などから反対をうけやすい賃貸住宅建設

新規に賃貸住宅建築やマンション建設をする、あるいは建替えでの賃貸住宅の建設計画を進めるうえで早期にきちんとした対策を講じなければならない事項に近所および自治会対策があります。何故なら賃貸住宅は個人住宅と違いとかく近所の住民や自治会などから反対をうけやすいし抵抗も大きいからです。

分譲地などの建築協定があり共同住宅の建築ができない場合をはじめ高さ制限などの一般的な法令の遵守以外に共同住宅の場合は避難通路などより多くの規制をクリア−せねばならない為、いざそれらの法的条件を何とかクリア−し、ようやく建築段階に入ろうという所で近所の住民や自治会の反対により、賃貸住宅建築を断念せざるおえない例が多々あります。

事前のトラブル回避

事前の地元自治会への建築計画説明が必要

自治会対策においては、自治会の反対を押しきってまで建築を断行することは建てた後もごみの問題などで自治会との対立は避けられないことなどを考えると現実問題として非常に労力も時間もかかり困難な作業です。従って自治会の賛同は法的には拘束力が無いものの必須の作業であると言えます。

いずれにせよ近所、自治会対策を甘く見ると、建築工事差し止めの仮処分が裁判所に申請されたりすれば、裁判費用や工事ストップ、最悪取り壊しといった大変な損害を被る可能性もあります。

事前に地元自治会への建築計画説明や近所の住民との日照権問題や電波障害問題など早期に誠意を持ち、しっかりとした話し合いを行い、必要に応じ最適の対策を講ずることこそ賃貸住宅経営成功の第一歩であることを十分認識しておくことが重要になります。

Pick UP!

セキスイハイムはお客様の賃貸住宅経営をトータルサポートします

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!