HOME > 賃貸住宅オーナー様の声 > 2012年1月No.1

賃貸住宅オーナー様の声

2012年1月No.1

実際にセキスイハイム東海で賃貸住宅オーナー様になられた方々の声です。

人気の分譲地に建てた4棟目のレトアは、たっぷり売電する大容量ソーラーアパート。

商品名 Letoit JX (レトアJX)
オーナー
T.T様

【営業担当】
白岩 和浩

固定資産税対策でアパート経営を

浜松市浜北区の丘陵地に広がる人気の大型分譲地「きらりタウン浜北」。元々この開発地の地権者の一人であったTさんがアパート経営を始められたきっかけは、地元農協で行われた土地活用セミナーに参加したことだったそうです。
そこで弊社白岩と出会い、遊休地の固定資産税対策としてアパート経営が有効であることを知り、オーナーになることを決意。現在に至っています。

決め手はタイル外壁の外観

「ハイムに決めた理由は、何よりも外観が気に入ったことですね。仕事で車を運転する機会が多く、道すがらいろいろなアパートを見てきましたが、タイル外壁のハイムのアパートが、見た目の感じが一番いいと以前から思っていました。それに加えてセキスイハイム東海という会社に対する安心感ですね」
そんな経緯で、平成17年にご自宅の隣地に4戸タイプのレトアを同時に2棟建設。さらに平成22年には、スーパーやホームセンターがある商業エリアに隣接した利便性の高い場所に4戸タイプのレトアを建設されました。

4棟目はレトアおひさまスタイル

そして平成23年、3棟目と同じ敷地に6戸タイプのレトアが完成しました。Tさんにとって4棟目となるこのアパートは、「太陽光発電+オール電化」のレトアおひさまスタイル。9.99kWという大容量の太陽光発電システムを搭載した”屋根でも稼ぐ“アパートです。
Tさんが採用した「共同灯売電タイプ」は、オーナーの採算性を優先したおひさまスタイルで、発電した電力は電力会社に売電し、アパートの共同灯の電気料金を差し引いた分がオーナーの収益になるシステムです。
完成後すでに夏場の3カ月で、月平均約5万9千円弱の売電収入があり、共同灯の電気料金月平均1,100円弱を差し引いて、月平均約5万8千円弱の収益を得ており、年間では50〜60万円の収益が見込まれます。
「年間50〜60万円の収益が見込めるのは大きいですね。それにここを建てた時は、住宅エコポイント制度(※)の実施期間中で、エコキュートの設置により1世帯につき30万ポイントがもらえましたので、大変助かりました。やはりこれからのアパートは、入居者の要望でもありますし、エコキュートを設置したオール電化は必須条件ですね」
と、アパート4棟のオーナーであるTさんは、レトアおひさまスタイルの優位性を実感されているご様子。
「アパートも競争の時代です。入居者の要求のレベルも上がっています。その点レトアおひさまスタイルは、太陽光発電、オール電化、エコキュート、そしてグレード感があるタイル外壁と、入居者が求めているものを十二分に満たしていますから、まさにこれからのアパートのお手本のようなものですね(笑)」と、大変満足されていらっしゃいます。
高台にある「きらりタウン浜北」は、東日本大震災以後一段と人気が上昇。そんな優良分譲地の中で、時代の要請をいち早く叶えたレトアおひさまスタイルが、これからのアパートの先行事例として注目されています。

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!