HOME > 賃貸住宅オーナー様の声 > 2016年1月No.1

賃貸住宅オーナー様の声

2016年1月No.1

実際にセキスイハイム東海で賃貸住宅オーナー様になられた方々の声です。

デザイン性の高い空間と、 非常時の備えを確保した 人にやさしいアパートが完成。

商品名 レトア デュエット
オーナー
H.S様

【営業担当】
中里 一郎

自由度の高さも セキスイハイムの大きな魅力。

東名高速道路静岡インターから程近い住宅地に完成したSさんのアパートは、全6世帯、大容量ソーラーを搭載したレトアデュエットです。生前、近辺に多くの土地を所有していたお父さまの相続税対策として計画されました。
 すでにRC造5階建てアパートなど2棟のアパート経営を続けてこられたSさん。いわばアパートオーナーのベテランです。そんなSさんに、3棟目のアパートとしてレトア デュエットを選択した理由をお聞きしました。
 「もちろん大きな投資ですから他に何社も検討しました。決め手は、まず地震に強いこと。そして、高級感があり、しかもメンテナンス費用を大幅に抑えられる総タイル外壁を採用できること。さらに、内外装や外構などのプランづくりにおける自由度の高さですね。おかげで、自分の家を建てる感覚で、楽しみながらインテリアや外構を考えて、結果、フローリングやクロス、キッチンパネルの色など、6戸すべて違う内装になりました」と、女性オーナーならではの発言。
 このほか、アクセントクロスやダウンライトを使用したり、玄関前に石畳のアプローチや植栽を設えるなど、内も外も見た目を重視したアパートとなりました。
 「アパートでも見た目は大事です。特に若い人は男女問わずデザイン志向が強いですから、見た目の良さは大きな入居者満足につながります」

災害対策として 敷地内に井戸を設置。

長年にわたりアパート経営に携わってきたSさんは、アパートオーナーとしての意識が高く、経済効率よりも入居者の満足を第一に考えています。敷地内に井戸を設置したのも入居者サービスの一環とのこと。
 「この辺は地下水の水質が良いところなので、井戸を掘りました。電気式ではないので停電になっても水が出ますから、万一の災害時に水道が止まっても、ここなら水が確保できます。もちろん入居者だけではなく、ご近所の皆さんにも利用してもらいたいですね。給水車には大変な行列ができるでしょうから」
 また、Sさんは、普段は外灯の電源と売電用として活用しているソーラー電力を、災害時の停電の際は、入居者に開放して利用してもらうことも考えているそうです。
 「井戸の水とソーラーの電気で最低限のライフラインを確保し、万一の際もここに住んでいて良かったと思っていただけるような、そんなアパートを目指しました」
 普段は、デザイン性の高い空間で快適な時間を提供し、非常時には自前の水と電気で安心を提供する。まさに入居者思いのSさんらしい人にやさしい<Aパートです。

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!