HOME > 土地活用方法を知りたい > 土地の売買で土地活用

土地の売買で土地活用

すべての土地活用をもう一度見直そう。

土地活用手法 比較表

短期での収益が必要な場合に有効な方法

  初期
投資
収益性 安心・安定性 固定資産税 相続税 管理 総合
評価
更地 × × × × 5
借地 事業用
×
住宅用
9〜11
駐車場 × × 6
貸倉庫/
貸店舗
× 管理
契約無
管理
契約付
8〜10
売却
(短期)
- - × - 5
賃貸住宅 家賃
保証無
家賃
保証付
管理
契約無
管理
契約付
12〜15
マンション × 家賃
保証無
家賃
保証付
管理
契約無
管理
契約付
11〜14
グループ
ホーム
× 11

※総合評価は『◎・・・3点』『○・・・2点』『△・・・1点』『×・・・0点』で評価しています。

土地の売却(売る場合)

【メリット】
一時的な収入増となりますので、まとまったお金が必要になった時に有効な方法です。
【デメリット】
譲渡所得税がかかってきます。5年を超えて所有していた土地の場合、譲渡益に対し所得税15%、住民税5%が掛かります。譲渡益の5分の1が税金として取られる事になります。
また、先祖代々の土地が無くなるのも考え物です。

売却地を事業用として使用している(例えば、所有期間が10年を越える農地として、耕作しているような土地等)場合、適用要件に該当すれば、譲渡資産に対応する買換資産を取得しても、特例を適用し譲渡所得の課税が軽減されます。

土地の購入(買う場合)

【メリット】
資金を不動産にすることで、資産評価を圧縮出来る。
活用することで収益を上げることが出来れば、資産価値は高まる。(例えば、サブリースの賃貸住宅・マンション経営等)
(※サブリース・・・一括借り上げのような、転貸のこと。)
【デメリット】
不動産の下落の中にあっては、所有しているだけでは資産価値が目減りすることがある。

静岡県で土地の売買をお考えの方 しずなび

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!