HOME > 土地活用方法を知りたい > その他の土地活用

その他の土地活用

それぞれメリット・デメリットがあります。

土地活用手法 比較表

初期投資がかかりにくく、管理の手間少なくて済む実行しやすい土地活用方法

  初期
投資
収益性 安心・安定性 固定資産税 相続税 管理 総合
評価
更地 × × × × 5
借地 事業用
×
住宅用
9〜11
駐車場 × × 6
貸倉庫/
貸店舗
× 管理
契約無
管理
契約付
8〜10
売却
(短期)
- - × - 5
賃貸住宅 家賃
保証無
家賃
保証付
管理
契約無
管理
契約付
12〜15
マンション × 家賃
保証無
家賃
保証付
管理
契約無
管理
契約付
11〜14
グループ
ホーム
× 11

※総合評価は『◎・・・3点』『○・・・2点』『△・・・1点』『×・・・0点』で評価しています。

更地

【メリット】
迷っている時にはそのままにしておけば、いつでも利用可能です。
【デメリット】
草が生えると近所からの苦情もあり、管理が大変です。
固定資産税、相続税の軽減もありません。

借地

【メリット】
初期投資も掛からず、土地を手放さずに効果的な活用ができます。
相続評価から定期借地権割合が減額できるので、相続税の軽減効果があります。
【デメリット】
定期借地権の場合50年間は、自分達の自由に活用する事ができなくなります。また、50年後には貸し手と借り手の代が変わっているので、トラブルが予想されています。
事業用に貸した場合その会社が倒産してしまうと収入がはいらなくなってしまうので、借地人の見極めが大切です。

マンション

イメージ:マンション

【メリット】
耐震性、気密性、耐久性を持ち、資産価値もあります。
一般賃貸住宅に比べ、家賃を高額に設定する事が可能です。
固定資産税や相続税などの節税効果も高いです。
【デメリット】
初期投資が非常に大きく、リスクが高くなります。
減価償却期間が長く、平均で47年となっています。
借入れ期間も35年返済が一般的で、長期になります

グループホーム(介護施設)

イメージ:グループホーム

【メリット】
遊休地利用としては、これまで賃貸住宅建築が難しかった家賃相場が低いエリアでの土地活用として注目を集めています。
固定資産税や相続税などの節税効果も高いです。
【デメリット】
運営にあたっては社会福祉法人や医療法人、民間法人などの介護事業者が行わなければならない。
最近ではグループホーム建設が多くなった為に、市町村により補助金などの制限をしているところもあるので注意が必要です。

セキスイハイムのグループホームサービス

高齢化および小子化で高齢者の方が非常に増えてきています。そのような中で私たちは自分の大切な人に安心してすんでもらえる場所を想像し、家族が幸せになれる家をご家族と一緒につくる。そして土地の雰囲気を感じられる生活環境を提供することを理念としています。

賃貸住宅経営と同じ土地活用方法

遊休地利用としては、これまで賃貸住宅建築が難しかった家賃相場が低かったエリアでの土地利用として、新たな土地利用商品として注目を集めてきています。
もちろん、賃貸住宅経営と同じようにオーナーは家賃を受け取るだけ。
心配事である入居者の確保や、ヘルパーの採用、教育や運営に関しては、当社グループにお任せください。

ご相談・資料請求はこちらから

土地活用・賃貸住宅経営のプロがお客様のお悩み・ご相談を解決します!!
アイデア満載の土地活用資料もこちらから無料で請求できます!!