静岡県戸建住宅建築実績
17年連続第1位

セキスイハイム東海


家のブログ 地域情報満載のセキスイハイム東海「スタッフブログ」です。 家のブログ 地域情報満載のセキスイハイム東海「スタッフブログ」です。

オススメ記事

リンクは全て別ウィンドウで開きます。

静岡県西部版ブログ

またまた新メンバーのご紹介★
こんにちは、掛川パルフェのハウジングアドバイザーです。 7月に入り蒸し暑い日々が続いていますね でも!!そんなときは快適エアリーがあれば一日中カラッとした綺麗な空気の中 快適に過ごすことができます ぜひお近くの展示場で体感してみてください そして掛川パルフェ展示場には7月から新たにもう一人、 新メンバーが加わりました 早速ご紹介します富田君お願いします ~*~*~*~*~*

静岡県中部版ブログ

8/24(土)ランチビュッフェ付!工場見学バスツアー
静岡支社スタッフです 8月に工場見学バスツアーを開催します! こちらのイベントでは世界でも珍しいお家づくりの工場を見学できちゃいます。 愛知県にあるセキスイハイムの工場 セキスイハイムの家は家づくりの大半が工場の中で作られます。 そこにはたくさんの良い点があるのですが、今回は2つの良いことをご紹介! ポイント1、雨にぬれない事! 3日に1度は雨が降ると言われている日本の気候。 雨ざらしの中で家を建てるのはやはり劣化などに不安を感じます・・・。 しかし、セキスイハイムの家の大半が屋根のある工場で作られます。 そして晴れた日1日で据付が完了 つまり柱や梁はもちろん全ての部材の雨風の影響はほとんど受けません。 そのため部材の劣化が最小限で抑えられます。 このことにより、品質の良いお家をお客様へお届けすることが可能なのです。 ポイント2、良いものをバラツキなく作れる事! セキスイハイムの家は最新設備の工場で一貫生産されます。 工場ならではの徹底した品質管理でミスやムダのない高精度な家づくりが可能です! 「全てのお客様へ品質の良いお家を届けたい」というセキスイハイムの想いが込められています。 この最新設備の工場を見学出来るのが工場見学バスツアー 実際の工場を見ながら、スタッフがポイントを分かりやすく説明させて頂きます 大人気の工場見学バスツアーに是非参加してみませんか? 8月24日(土) 8:40静岡東マイホームセンター出発 8:40藤枝マイホームセンター出発 9:20静岡マイホームセンター出発 9:20榛南マイホームセンター出発 ★参加者特別特典★ ホテルアソシア豊橋ランチビュッフェ付き 参加費無料・完全予約制(8/20予約〆切) ぜひご家族皆さまでのご参加をお待ちしております♪ お問い合わせ・ご予約は 054-237-7107 までご連絡お待ちしています

静岡県東部版ブログ

癒しの空間 “ビオトープ”
皆様こんにちは 三島展示場のハウジングアドバイザーです 突然ですが、ビオトープというものをご存知ですか? ビオトープとは、生物の生息場所を意味するドイツ語で 最近では小さな自然として一般の家庭のお庭や学校などでも楽しまれています 先日、三島展示場でもビオトープを作りましたので そのレポートをさせて頂きたいと思います

相続・資産・土地活用専門家ブログ

青色特別控除
□15室の賃貸物件を共同で所有している場合 15室の賃貸マンションを兄弟で共有する形で相続しました。青色申告特別控除などの税優遇を適用するには貸し出す物件が5棟以上もしくは10室以上のものである必要があると聞いたのですが、2人で共有している私の場合は7.5室の所有として適用対象外になりますか?との質問を受けました。 物件の規模が一定以上であれば、共有者の人数にかかわらず、青色特別控除などの税優遇を適用できます。事業的規模か否かの判断は①家屋ならおおむね5棟以上、②アパートなら部屋がおおむね10室以上という基準が使われます。この基準は、全員の持ち分を合わせた全体で判断できることになっているため、自分の持分だけでは基準に満たないとしても、貸し出す物件自体が5棟以上もしくは10室以上であれば優遇の対象になります。 □海外に移住する前に譲渡所得がある場合 海外に移住する予定です。自宅の売却で得た譲渡所得はどのような方法で確定申告すれば良いでしょうか?こんなケースもどう対応するか、確認してみましょう。 出国までに納税管理人を選んで税務署にその旨を届け出ます。確定申告時期にはその納税管理人を通して申告することになります。税法上では海外に住所を持つ人を「非居住者」に区分します。非居住者は国内に住んでいなくても、出国前に得た利益や国内不動産から得る継続的な賃料収入などの所得があれば、日本で確定申告をしなければなりません。 確定申告が必要な非居住者は、申告書の提出や税金の納付などの手続きを非居住者に代わって実行する納税管理人を選び、その人を通して確定申告します。 出国までに納税管理人を選ばないのであれば、出国するまでのその年の全所得について出国までに確定申告をしなければなりません。さらに、出国までの全所得とそれ以降の国内源泉所得について、翌年に確定申告することになります。その年の所得が勤務先の給与だけなら、勤務先で年末調整が行われるので確定申告する必要はありません。 □売却決定した土地を相続した場合・・ 相続で取得した土地は原則的に、国税庁が定める相続税路線価に従って評価され、相続税が課税されます。しかし、すでに売却することが決まっている土地については、契約上の売却金額に従って評価されます。土地というより、買主に売却金額を請求する権利そのものを相続したと考えるわけです。 相続税路線価は実際の取引価格に比べれば評価額は低くなることが多いと思われます。ということは土地のままで相続していれば相続税負担を抑えられるところを、売却契約をしてしまったために相続税額が増えてしまい、相続税額が増えてしまうということも起こりえます。相続したのは同じ土地であっても損をしてしまうという事態が生じてしまいます。近い将来に相続の発生がありそうであれば、土地の商談を進めて問題がないか、商談は控える方が得策か、慎重に見極める必要があります。 次回コラムは、2019年7月9日(火)更新予定です。

スタッフブログ一覧

リンクは全て別ウィンドウで開きます。

  • 静岡県西部版ブログ
  • 静岡県中部版ブログ
  • 静岡県東部版ブログ
  • 相続・資産・土地活用専門家ブログ