静岡県戸建住宅建築実績
16年連続第1位

セキスイハイム東海


家のブログ 地域情報満載のセキスイハイム東海「スタッフブログ」です。 家のブログ 地域情報満載のセキスイハイム東海「スタッフブログ」です。

オススメ記事

リンクは全て別ウィンドウで開きます。

静岡県西部版ブログ

イースター♪イースター♪
こんにちは(・ω・) 浜松ドマーニ展示場のハウジングアドバイザーです だんだんと春めいてきましたね 私は四季の中で春が一番好きな季節なので 2月終わりくらいからずっとワクワク♪ しています(^ω^) 浜松ドマーニ展示場はひと足早く イースターの飾り付けをしました

静岡県中部版ブログ

辛い花粉症の方必見!~キレイな空気と暮らす~
こんにちは 清水住宅公園店のスタッフです 3月の半ばも過ぎ、日に日に暖かくなってきましたが いかがお過ごしでしょうか? 春が来るのが楽しみな一方、花粉症の季節ということもあり、 憂鬱な方も多いのではないでしょうか? 私も毎日花粉に悩まされています。。。 そして花粉症になる人は年々増加しているのだそうです そんな花粉の時期に セキスイハイムの快適エアリーが大活躍します! なぜかと言うと…

静岡県東部版ブログ

新人ハウジングアドバイザーです!
はじめまして!4月から富士ドマーニ店に配属になりました 新人ハウジングアドバイザーです!よろしくお願いいたいます! 大学では主にX線天文学の研究室でブラックホールの研究をしていました! 大学4年間ずっとペーパードライバーだったので、 最近は4月の入社に向けて運転の練習をしています! 入社までに趣味はドライブです!と言えるように頑張ります! そして食べることも大好きなので、自分の運転でおいしいお店を見つけたらこちらのブログでご紹介していけたらと思います!! 常に笑顔なので皆様も、周りの雰囲気も明るくできるハウジングアドバイザーになります! これからどうぞよろしくお願いします!

相続・資産・土地活用専門家ブログ

被相続人の財産から控除される債務
相続税の課税財産額は、被相続人が死亡した日における預貯金、不動産、有価証券などの財産の総額から、同日における未払税金、銀行借入金、預かり敷金などの債務や葬儀費用などを控除して計算します。今回は控除対象となる債務や注意点をまとめます。 □相続財産から控除できる債務 相続税の計算の際に、被相続人が死亡した日現在で確定している次のような債務は、相続財産の総額から控除されます。このことを債務控除といいます。 ・未払の固定資産税、所得税、住民税、消費税、事業税などの租税公課 ・銀行借入金等の残高 ・賃貸している住宅、店舗、事務所等の契約終了時に返還すべき預かり保証金や敷金 ・未払の医療費、後期高齢者医療保険料、介護保険料等 □その年1月1日に不動産所有なら固定資産税が控除可能 固定資産税は、その年1月1日現在の所有者に課税されます。1月1日以降に死亡して、その年度の固定資産税の納付書がまだ届いていなくても、その年度の固定資産税額全額を債務控除することができます。 また、前年度分等の固定資産税が未払いの場合、過年度分の未払金額と当年度分の全額を債務控除することができます。 □準確定申告の際に納付する所得税等は債務控除の対象 相続が発生した場合、被相続人が死亡した年の1月1日から死亡した日までの被相続人の所得に対する所得税・住民税の申告が必要で、これを準確定申告といいます。 準確定申告によって納付しなければならない所得税・復興特別所得税・住民税及び消費税などは、被相続人の所得に係るものなので、被相続人の財産から債務控除できます。 1月1日から3月15日までに死亡した場合には、死亡した年の前年分のこれらの税金と死亡した年分のこれらの税金の2年分の被相続人の準確定申告が必要になります。死亡の前年の納付すべき税金も債務控除の対象となります。なお、準確定申告で所得税等が還付される場合、還付金額が被相続人の財産として課税対象となります。 □財産の分割次第では相続税総額が過大になることも 財産の分割次第で相続税総額が大きく変わってしまうことがあります。 被相続人が、所有している土地の上に生前に借入金3億円で賃貸住宅を建て、満室の状態で死亡しました。相続開始時点の賃貸住宅とその敷地の相続税評価額は、賃貸住宅である建物が1億2,000万円、その敷地の土地が1億円で、借入金は2億7,000万円残っていました。その他の財産が2億円で、相続人は子が3人だったとします。 遺産分割を考慮しないで計算した場合 相続財産4億2千万円(建物1.2億円、土地1億円、その他2億円) 債務借入金2億7千万円 課税財産総額1億5,000万円 相続税総額1,440万円 このように遺産分割を考慮しないで計算した場合、財産全体に係る相続税の総額は1,440万円となります。ところが相続人の1人が賃貸住宅とその敷地及び借入金をすべて相続し、その他の財産を一切取得しなかった場合には注意が必要です。 長男賃貸建物1億2千万円土地1億円借入金2億7千万円 ⇒※長男の課税財産総額は0円になります。 次男その他財産1億円⇒課税財産総額1億円 三男その他財産1億円⇒課税財産総額1億円 このような遺産分割の場合には、長男は相続した土地・建物から借入金を差し引くと5,000万円引ききれなくなります。この5,000万円は他の相続人の財産からは控除できませんので、課税財産が5,000万円増加することになり、結果として相続税の総額は約2,560万円となってしまうため、遺産分割するときに必ず考慮したいポイントです。 □死亡時に確定していない保証債務は控除されない 債務控除できる債務は相続開始時点において法的に確定しているものに限定されています。例えば、被相続人が会社の保証人になっていて、被相続人の死亡後にその債務者である金融機関等から相続人が保証債務の履行を迫られるようなことがあります。それを履行したとしても、その保証債務は相続税の債務控除の対象とはなりません。相続開始時点で被相続人の債務として確定していないからです。 次回コラムは、2019年4月9日(火)更新予定です。

スタッフブログ一覧

リンクは全て別ウィンドウで開きます。

  • 静岡県西部版ブログ
  • 静岡県中部版ブログ
  • 静岡県東部版ブログ
  • 相続・資産・土地活用専門家ブログ