静岡県戸建住宅建築実績
17年連続第1位

セキスイハイム東海


家のブログ 地域情報満載のセキスイハイム東海「スタッフブログ」です。 家のブログ 地域情報満載のセキスイハイム東海「スタッフブログ」です。

オススメ記事

リンクは全て別ウィンドウで開きます。

静岡県西部版ブログ

丹野くんバースデー♪
こんにちは 磐田bj展示場のハウジングアドバイザーです ここ最近グッと寒くなってきましたね 空気も乾燥していますので 風邪を引かないよう皆さんお気を付けください さて、 先日の11月4日は磐田bj展示場の末っ子営業マン 丹野くんのお誕生日でした

静岡県中部版ブログ

【清水】クリスマスフェアのお知らせ
皆さんこんにちは 清水デシオ展示場スタッフです。 先日のお休みで箱根に紅葉を見に行ってきました お天気も良くてとっても気持ちよかったです^^ さて、本日はイベントのお知らせです

静岡県東部版ブログ

富士市環境フェアのご案内(^^♪
こんにちは 11月に入り、寒い日が続いていますね みなさまいかがお過ごしでしょうか 富士ドマーニ展示場では、リビングにツリーを飾ったり、 イルミネーションの飾りつけをしたり、 一気にクリスマスモード一色となりました あったかカフェと題して温まるお飲み物も取り揃えております ぜひマイホームセンターを訪れた際はお立ち寄り下さい さて、本日は11/30(土)にふじさんめっせにて開催されます 環境フェアのご案内です

相続・資産・土地活用専門家ブログ

倍率不整形地、予定納税
□倍率地域の不整形地の評価は? 倍率地域にある不整形地(いびつな形の土地)を相続しました。不整形地は特定の補正率を用いて相続税評価額を下げることができますが、倍率地域になる土地でもその補正率を適用できるのでしょうか? 相続税額を算出するための土地の評価方法には路線価方式と倍率方式があり、どちらの方式を使うかは地域ごとに決められています。路線価方式が適用される地域(路線価地域)の土地が不整形地であれば、路線価でそのまま評価するのではなく、不整形地補正率を使って土地の評価を下げることが可能です。しかし路線価が設定されておらず、倍率方式が適用される地域(倍率地域)の土地は、路線価地域よりも利用価値が低いことを考慮して評価額が決められているので、補正率を使った計算式を適用することはできません。なお倍率地域の土地は、地域ごとに定められた評価倍率表を用いて計算します。 □予定納税とは 予定納税とは、経常的に受け取る所得を基に5月15日時点で借計算した納税額(予定納税基準額)が15万円以上の人が、その年の所得税と復興特別所得税の一部をあらかじめ納付する制度です。 今年は不動産の売却益があったので確定申告を行い、50万円を納税しました。その場合、前年分の申告納税額が15万円以上になるため、予定納税は必要でしょうか? 前年分の納税額が15万円以上の人は予定納税をしなければなりませんが、その金額水準に譲渡所得などの臨時的な所得は含めません。金額基準の対象となる所得はあくまでも経常的に受け取っているものに限られます。そのため不動産の売買で得た利益がいくらあっても、他の経常的な所得が一定額以上でなければ、予定納税の必要はありません。 6月30日時点で所得税と復興特別所得税の見積額が予定納税基準額よりも少なくなる場合、7月15日までに税務署に予定納税額の減額申請書を提出して承認されれば、予定納税額が減額されます。 □中古資産の相続、減価償却はどうなる? 相続で取得した際には中古資産の耐用年数の特例を使えず、被相続人からそのまま取得価格や耐用年数、経過年数、未償却残高を引き継いだものとして、減価償却費を計算します。被相続人が生前に行っていた減価償却の状況を確認しそれを継続することになります。 一方、相続ではなく中古資産を取得した時の減価償却では、法定耐用年数そのままではなく、特例的な計算方式で償却年数を計算できます。その計算方法は、事業のために使い始めた後の使用可能期間を見積もって減価償却するというものです。ただし使用可能期間の見積りが難しければ簡便な方法で計算することも可能です。 次回コラムは、2019年12月10日(火)更新予定です。

スタッフブログ一覧

リンクは全て別ウィンドウで開きます。

  • 静岡県西部版ブログ
  • 静岡県中部版ブログ
  • 静岡県東部版ブログ
  • 相続・資産・土地活用専門家ブログ