グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

特別仕様を満載した展示場顔負けの邸宅。「構造も性能もいい。でも一番は営業の存在」

タイトル画像

ドマーニJXの暮らしぶりを拝見

澄みわたる青空の下、まさに豪邸と形容するにふさわしい堂々たる存在感を放つI邸。ドマーニならではの風格ある佇まいと、県内で初めて採用されたボルドーブラックのレジデンスタイル外壁が見事に調和しています。そして外観の素晴らしさもさることながら、室内のゆとりある空間と随所に採用した特別仕様もまるで展示場のよう。いえ、「展示場以上」といっても過言ではありません。

住宅に対して高い見識をお持ちのご主人曰く、「住まい選びの条件は『鉄骨・耐震性・短工期』でした。そうなれば自ずとハイムに決まりですよ。でも…」と前置きされてから、「何よりも営業の多々良くんの存在が大きかったですね。
わからないことは『わかりません』とはっきり言う。もちろんそれで有耶無耶(うやむや)にはせず、必ず調べて回答をくれる。また、地盤改良に予定の金額の3倍以上かかるといわれて正直迷ったのですが、多々良くんは『大地震にも倒れない家をつくるのが私たちの使命。もし、この金額に納得いただけないのであれば、今回は手を引きたいと思います』ときっぱり言い切った。住宅営業としての責任感の強さを感じましたね」

さらに、バルコニーをオーバーハングさせたり、玄関の庇を出すなどして「住まい」としての風格を際立たせた外観についても、「平板にしたくなかったから、多々良くんに『こういうふうにしたいんだけど、できるかどうか調べてよ』って頼んでね。その結果、『大丈夫です、できます!』ということで実現したんです」(ご主人)。このほかにも、リビング内の茶の間や人寄せに配慮した続き間、さらには畳敷きの洗濯物コーナーなど、住まう人のライフスタイルに合わせた工夫が光ります。

「構造にも性能にも納得して選んだハイム。でも、もし多々良くんが他社の営業だったら…。うーん、そっちで建てちゃったかも(笑)」。ユーモアたっぷりに話されるご主人の笑顔が、ご満足の何よりの証です。

ドマーニ

牧之原市 I.Iさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご次女

[営業担当] 多々良 桜

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す