グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

二人の天使が舞い降りたローズベージュの幸せの家

タイトル画像

ドマーニJXの暮らしぶりを拝見

ローズベージュのタイル外壁が、周囲の緑に美しく映えるT邸。

「新築に当たって望んだことは、第一に地震に強い家であること。次に自分たちのセンスに合った個性的な外観であること」というTさんご夫妻。住宅展示場で何軒ものモデルハウスを見た結果、我が家として選んだのがドマーニJX。定評ある耐震性能に加え、ローズベージュのタイルが、ドマーニでは比較的珍しいこともお二人の希望に沿ったものでした。

また、地元の大手自動車生産工場にお勤めのご主人は、最近自宅を新築した上司や同僚から、さまざまな住宅メーカーに関する評判を聞いて回ったそうです。

「自分たちの判断と同じでしたね。やっぱりハイムの評判が抜きん出ていました。そして結果的にもハイムで大正解でした。高い買い物だから遠慮せずワガママをいっぱい言ったのですが、ほとんど叶えられました。」とご主人。

奥さまも「大橋さんの提案や提言もよかったですね。設計の段階でお腹の子が双子だとわかっていて、いろいろと双子対策を考える必要があったんですが、大橋さんのプランがどれも的を射ていて助かりました。例えば、寝室にウォークインクローゼットを設けるより、今まで使っていた箪笥を置いたほうが部屋を広く使え、ベビーベッドを2つ並べて置くことができる、とか。またそれを図面で具体的に説明してくれるので分かりやすく説得力がありました」と、ハイムのソフト面における優れた対応力を実感されたとのこと。

収納スペースの多さも双子仕様のT邸ならでは。

「何でも同時に2つ必要だったり、ベビーカーも二人乗りで大型だったりしますから、収納スペースがたっぷりないと間に合わないんです。」

高さが天井まであるスライディングウォールを随所に採用しているのもT邸の特長です。「限られた空間の中では、スライディングウォールを開け放った時の開放感は格別です」と、ご主人は巧みな空間設計に大満足のご様子。

一方奥さまからは「ライトイエローの畳を敷いてアジアンテイストを演出した、和室っぽくない和室も気に入っていますし、ダイニングに設けたパソコンスペースも重宝しています。こうして限りなく理想に近い住まいが出来たことで、心にゆとりが生まれ、てんてこ舞いの双子の子育てもイライラせずにできるんですね。我が家に感謝、つまりハイムに感謝ですね」という、うれしい言葉をいただきました。

紗妃菜ちゃんと紗耶菜ちゃんから、二倍の忙しさと同時に二倍の喜びをもらっている幸せいっぱいのTさんご夫妻でした。

ドマーニ

御殿場市 M.Tさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長女、 ご次女(双子)

[営業担当] 大橋 栄介

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す