グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

上質な大人の人生に、邸宅という名のホームベースを。

タイトル画像

ドマーニLXの暮らしぶりを拝見

築38年の木造住宅からドマーニに建て替えられたWさんご一家。「以前の家は居間が北側にあって、とにかく暗くて寒かったんです」とおっしゃるご主人は、現役時代は国内外を飛び回る多忙な毎日をお過ごしでした。それだけに当時から「リタイアしたら、住み心地のいい家でゆったりと暮らしたい」という思いが強く、10年ほど前から、あちらこちらの住宅展示場を見学されてきたのだそうです。

そして他社と比較検討の結果、「こちらの要求をいち早くプランに反映させてくれたハイムに決めました」とご主人。営業担当の中田は「住宅に関する知識も豊富で、ご要望のレベルも高かったため、何とかしてお応えできるように」と、当社のチーフデザイナーで一級建築士の小田樹に設計を依頼。かくして「モダンで明るい家に」をコンセプトに、Wさんの家づくりがスタートしました。

いろいろな住宅を見学されてきたご夫妻だけに、当初から明確な基本方針をお持ちでした。「まずは、何といっても明るいリビング。そして、これから年齢を重ねていくことを考えて寝室は1階に」。このほかにも、二世帯同居にも対応できる2階間取りや、ご家族の集まるリビングにお仏壇のスペースを設置する・・・など、さまざまなご要望を提示されました。「タタミコーナーもぜひ欲しかった。嫁いだ娘が孫を連れて帰ってくると、孫がタタミコーナーでハイハイするんですよ。そんな時もリビングやキッチンから目が届くので安心ですね」と奥さま。

また、中田自身が「内装は展示場並み・・・、いえ、それ以上に素敵です」と語るように、白を基調色としたインテリアはモダンでありながら、上質で豊かな大人の暮らしにふさわしい品格も備えています。さらに、リビングとダイニングの間には障子を設置し、その開閉によって空間の表情が大きく変わるなど、設計の工夫も随所に光ります。

ご夫妻の大人の審美眼と、営業力と設計力が三位一体となって実現した、まさに人生の理想郷。それがここ、W邸なのです。

ドマーニ

菊川市 T.Wさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長男

[営業担当] 中田 貴勝

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す