グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

M1からパルフェへ。日々、進化を実感しています。

タイトル画像

パルフェJXの暮らしぶりを拝見

静岡市葵区。すぐそばを安倍川が流れる閑静な住宅地。N邸のボルドーブラックのタイル外壁が周囲の豊かな緑に映えています。

昭和54年にこの場所に家を建ててからちょうど30年。荷物が増え、部屋数も足りなくなり建て替えることに。その以前の家は、なんと「セキスイハイムM1」。セキスイハイムの記念すべき第1号商品で、画期的なユニット工法を採用して高い性能と品質を追及した住宅として今でも高い評価を受けています。

いつもウィットとユーモアに富んだ会話で周囲を和ませるご主人。

「老いては子に従え、ということで建て替えについては長男に一任したんですよ」

一任されたご長男は、「M1に30年住んでいて、ハイムのよさを十分知っていましたから、他社は検討せず、迷わずハイムの鉄骨系に決めました。もちろんM1の血統を継ぐフラット屋根のパルフェですよ」と明快なお答え。

さて、最新のハイムの住み心地は?

「あたりまえですが、30年前のM1と比べると今度のパルフェは格段に性能がよくなっていますね。特に気密性の高さには驚かされるね。暖房はウォームファクトリーだけで十分」と、ご主人。

奥さまは、「飼っている犬が雷が恐くて、これまでは雷鳴がすると恐怖で時に吐いちゃうこともあったんです。この家になってからは雷が鳴っても、まったく気にする様子もないんです」と、遮音性能の高さにはビックリされたとのこと。

「この家だと犬が長生きするんじゃないの。この調子じゃ私のほうが先に逝っちゃうかも(笑)」と、相変わらずユーモアたっぷりのご主人。

ご家族全員がお気に入りなのが、リビングに設置した巾2.7mのフルオープンハイサッシ。天気のいい日に開け放てば、リビングとデッキが一体化し、明るく開放的な大空間が出現します。

M1からパルフェへ。住まいとしての性能が高まっただけではなく、最新のデザインや仕様のおかげで、愛犬を含むご家族全員の心持ちまで伸びやかになったようです。

パルフェ

静岡市 K.Nさん Tさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長女、ご長男

[営業担当] 田中 敦

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す