グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

身も心も家が癒してくれる。家族みんな「家が一番」を日々実感。

タイトル画像

パルフェJXの暮らしぶりを拝見

毎日名古屋まで通勤されているご主人。奥さまは学校の先生。お忙しい日々を送るIさんご夫妻が、家族3人がゆったりとくつろげる家をと新築を決意。

「それまでのマンションは狭くて窮屈。収納も少なく物であふれていました。ですから、広々としていて明るく開放的、そして収納スペースもたっぷりある、そんな家にどうしてもしたかった」と、ご夫妻は異口同音におっしゃいます。

そんなお二人の思いを汲み取った営業担当の西尾は「ご家族の絆を大切にするプランを考えました。そしてお忙しいご夫妻の使い勝手に考慮したスムーズな動線と収納計画にもさまざまな提案をさせていただきました」と、I邸のコンセプトを話します。

そして完成したI邸。
「本当によくできた家。特に間取りと収納プランは、完成現場見学会のご来場者の皆さんも絶賛していました。実際にここを見て、同じ収納プランを採用したという方もいらっしゃいます」と、ベテラン営業の西尾も太鼓判を押します。

その秀逸な収納プランの一つは、1階に設けたウォークインクローゼット。共働きのお二人の朝はとても忙しいため、ここに通勤用の服を収納しておけば、1階と寝室のある2階とを行ったり来たりすることなく、1階だけでお出掛けの準備ができるというわけです。もちろん2階にも大きなクローゼットがありますが、そこには日常的には出し入れしない季節物を収納しています。

「1階のクローゼットは二人とも希望しました。お洗濯物も2階まで運ばなくて済みますし、朝だけではなく重宝しています」と、奥さまはこだわりの収納プランに大満足。

家の明るさにこだわったというご主人は「フルオープンのサッシと吹き抜けを設けた、明るく開放的なリビングが気に入っています。マンションに住んでいた頃は、休日になると家族3人で出掛けていましたが、この家が出来てからはすっかり出不精になりました。何しろ家にいると心も身体も癒されますから。家が一番ですよ」と、こちらも大満足のご様子。

外観やインテリアなど見た目もいい。その上、実用性も十分に備えている。まさに「住まいのあるべき姿」を示しているI邸です。

パルフェ

浜松市 H.Iさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長男

[営業担当] 西尾 晃

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す