グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

大容量太陽光発電で、何と売電4万円超の月も!LCCを考えれば、20代こそ“家づくり適齢期”?!

タイトル画像

パルフェJXの暮らしぶりを拝見

ご結婚前はアパートでお母さまと二人暮らしをされていたご主人。ご結婚が決まり、「アパートを2軒借りるより、3人で暮らせる家を」と、マイホーム建築を決意。早速、マイホームセンターに出かけ、他社と比較検討の結果、ご夫妻の「話しやすくて何でも聞ける。もちろん提案力も抜きん出ていた」という、ありがた~い”伊藤評“が決め手となってハイムに決定されました。

・・・と、ここまではトントン拍子。ところが肝心のプランニングとなると、これがなかなか決まりません。「30回以上は図面を変更してもらいました。ワガママばかり言いましたが、伊藤さんはいつも快く対応してくれました」とご主人。これに対して伊藤は「訂正を重ねるたびに、だんだん良いプランになっていく。これこそが家づくりの醍醐味です」と、プロとして十分な手応えを得られたことに感激しきりの様子です。

W邸は住まいの中央に玄関があり、ホールを挟んで東側がリビングダイニング、西側がお母さまの居住スペースとトイレや洗面などの水廻り。これは伊藤の提案によるもので、お母さまが玄関から直接自室に入ることができ、さらにリビングを通ることなくトイレや浴室と行き来できるようになっています。これにはお母さまも「とても住みやすい」と、大変満足されているのだそうです。

さて、そんなW邸は6.47kWの大容量太陽光発電搭載住宅。月平均8千円の買電に対し、売電は月平均2~3万円、最も多い月では4万円を超えたというから驚きです。このパワフルな太陽光発電に加え、メンテナンスフリーのタイル外壁もLCCの低減に威力を発揮。もちろん、家そのものの強さと耐久性は言わずもがな、です。

「アパートを2軒借りれば、家賃も相当な額になる。しかも、支払い続けたところで、自分のものになるわけじゃない」と語る若いご夫妻の賢明な選択によって、末永く安心で快適、そして経済的な暮らしが約束されているW邸です。

パルフェ

掛川市 D.Wさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、お母さま

[営業担当] 伊藤 武司

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す