グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

「そうだ。家、買おう!」 ご主人の一言で実現した“フルスペック”パルフェ。

タイトル画像

パルフェの暮らしぶりを拝見

2010年、夏。自らを「突発型」と分析するご主人が、突然一言。「そうだ。家、買おう!」。「そうだ、京都行こう」とはワケが違います。家です、人生最大の買い物であるマイホームです。それをぶらりと京都見物にでも出かける感覚で、しかも突然、口にするとは・・・。ところが、これを実現させてしまうのがご主人。まさに有言実行のデキる男なのです。

一方、奥さまは「土地もないし、やっぱり無理かな」。そこで救世主となったのが、営業担当の小杉です。小杉とは同世代で、小さな子どももいるという共通点から、当初から腹を割ってお話できたというご夫妻。奥さまも「資金面でもいろいろと相談にのってくれて。本当に頼れる存在でした」

かくして完成したお住まいは、ビオレジストーン外壁、太陽光発電&快適エアリー搭載の、まさに”フルスペック“。奥さまが「無理かも・・・」と躊躇されていたとは思えない、堂々たる邸宅です。中でも快適エアリーに関しては、「猛暑のこの夏も想像以上に涼しかった」と、ご夫妻ともども大絶賛。奥さま曰く「クーラーは一度も使わなかった。っていうか、ウチ、まだクーラーないんですよ(笑)」。猛暑下でも、「扇風機を時々使っただけ」というのですから、快適エアリーの実力には脱帽です。また、太陽光発電については、ご主人曰く「モニターを見るのが楽しい。発電していると『おッ、やってるな』って。売電システムのおかげで、節電意識も高まりましたね」

衝撃の「そうだ。家、買おう!」発言から、わずか1年足らずで完成したというK邸。2011年5月のご入居から約半年、ご夫妻とも「後悔するところは全くない」ときっぱり。奥さまは「家を建てた友だちの中には『他の会社にすれば良かった』とか、『ここが気に入らない』という人もいますが、私たちはそういったことが全然ないんです」。

一家揃ってダンスが大好き、特にご主人はインストラクターもされているというご一家。これからはこの家をステージに、ご家族の歴史が綴られてゆくことでしょう。

パルフェ

浜松市 S.Kさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長男、ご長女

[営業担当] 小杉 佳祐

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す