グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

道行く人の目を引く、白亜のパルフェBR。住まいのいたるところに「学び」の仕掛けも。

タイトル画像

パルフェの暮らしぶりを拝見

築44年の住宅からの住み替えをされたYさんご一家。「リフォームも考えましたが、敷地内に駐車スペースがないなどいろいろ不便なことがあり、思い切って新築することにしました」とご主人。早速、ハイム主催の不動産フェアに足を運び、そこで出会ったのが営業担当の池谷宗朗でした。「元々は木の家を希望していたんですが、池谷さんと会っちゃったのが運のツキ(笑)・・・というのは冗談で、池谷さんは何から何まで本当に熱心に取り組んでくれ、『この人なら!』と鉄骨系のハイムに決めました。それに地震の心配もありますからね、1日も早く安心・安全な家で暮らしたかった。その点でも工期の早いハイムは有利ですね」と、ご夫妻は口を揃えます。

そしてお選びいたただいたのがパルフェ。外壁は「工場で見てすっかり惚れ込んだ」というビオレジストーン外壁です。外構まで美しく手入れされたその端整な佇まいは、周囲の家並みの中でもひときわ目を引きます。さらに、快適エアリーと大容量太陽光発電も搭載され、エコロジー&エコノミーな快適生活を謳歌されています。

そんなY邸のもうひとつの特長が、「かげやまモデル」を参考にしたという間取りです。キッチンには、宿題をしたり、インターネットや読書が楽しめるカウンター、デッドスペースになりがちな2階階段ホールには書棚を設置するなど、住まいのいたるところに「学び」と「親子のふれあい」のための工夫が施されています。また、1階は広々としたリビングに和室の続き間を設けたワンフロア。家族が別々の場所にいても、つねにお互いの存在を感じ合うことができます。

さらに主寝室には広い専用バルコニーを設置。「寝室からすぐに出られるので、布団など大きな物を干す際に便利です」と奥さま。このバルコニーはご家族のふれあいの場としても大いに利用され、花火見物の〝特等席〟として活躍しています。

子どもたちも晴れて「自分の部屋」が持てて大喜びというご一家。「家が家族にできること」のすべてがつまったこの家で、ご家族の幸せな歴史が綴られてゆくことでしょう。

パルフェ

島田市 T.Yさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま ご長女、ご長男

[営業担当] 池谷 宗朗

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す