グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

奥さまの見識と美意識から生まれた今も将来も暮らしやすい家。

タイトル画像

パルフェJXの暮らしぶりを拝見

ホワイトとブラックの2色のタイルを巧みに貼り分けた外壁が、シックにして高級な雰囲気を放つSさん邸。

「実は掛川のハイムの展示場を見て気に入って、同じ配色にしたんです」とおっしゃるのは、今回の家づくりを主になって進めた奥さま。

「老朽化した築40年の家を建て替えようかリフォームしようか迷いましたけど、耐震性を考えて建て替えることにしました。ハイムに決めたのは、耐震性に定評があることも大きなポイントですが、相澤さんとの出会いも大きいですね。いつも飄飄としていて、全然押し付けがましいところがないので、かえってこっちの方からだんだんその気になっちゃって・・・。結局相澤さんに乗せられたということですね(笑)」

そんな奥さまが設計に関して出した要望は「収納を充実させてスッキリした家にしたい」というものでした。実際、収納充実を強く意識して設計しただけあって、新居には収納スペースが随所に、しかも機能的に設けられています。例えば、1階の奥さまの寝室に設置したタンスを仕舞うための収納は、予めタンスの寸法を測って大きさを決め、それに合せて特注のスライディングウォールを扉として設けるなど、機能性だけではなく見た目にも配慮したものになっています。

また間取りも、奥さまがご自分たちの実際の暮らしのスタイルや将来高齢になった際の使い勝手も考慮した合理的なプランを発案。その結果、一般的には客間としての和室が配される玄関ホールの隣りに、奥さまの寝室を設置するなど、現在も将来も暮らしやすい家が実現しました。

「玄関に一番近い場所に自分の居室があるというのは、現在主婦として、そして将来高齢になった際もとても便利だと思います」

将来にわたって快適な住まいとはどうあるべきか、そんな常識にとらわれない奥さまの見識と女性ならではの視点から生まれたSさん邸から、家づくりの新しいものさしを示されたような気がします。

パルフェ

浜松市 H.Sさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま

[営業担当] 相澤洋亮

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す