グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

リハイム(※1)で進化を実感し、ますますセキスイハイムファンに。

タイトル画像

パルフェJXの暮らしぶりを拝見

築28年のセキスイハイムM1(※2)を中古で購入し、その後15年住まわれたSさんご一家。部屋数が足りなくなったため、建て替えることに。
 
「セキスイハイムの家が快適なことはM1で暮らしてきて実感していますし、地震に強いという点も大きな魅力。それに、建て替えですから工期が短いのもありがたいですよね。その上、以前から付き合いがある岡部さんのことを気に入っているので、他社はまったく検討することなくセキスイハイムで建て替えることにしました」と、ご主人からうれしいお話をいただきました。
 
建て替えに当って、ご主人の「絶対譲れない」要望は屋上バルコニー。お酒好きのご主人は以前から「どうしても自宅の屋上でビールが飲みたい」と思っていたそうで、今回晴れて夢が叶えられました。
 
「そもそもこの土地は高台で、その上屋上ですから、見晴らしはバツグンです。夏には、ここからほど近い上島の花火はもちろん、市野や有名な中野町の花火も見れます。気分いいですよ屋上は」と、念願叶ったご主人は大満足のご様子。

奥さまは「今度の家は収納スペースが多くとても便利です。また、キッチン→洗面→浴室というスムースな一直線の家事動線が気に入っています。それに断熱性能がいいのかとても暖かいのもうれしいですね」と、ニッコリ。

さらにご主人は「M1も静かだったけど、パルフェになったら格段に遮音性能が高まっていて、家の上空を通る自衛隊のジェット機の音がまったく気になりません。とにかくこの家はどこにいても心地いいですよ」と、進化したセキスイハイムの家に感心しきりです。

M1からパルフェへのリハイムで、ますますセキスイハイムファンになったというSさんご一家。屋上バルコニーからの爽快な眺望だけではなく、清々しい暮らし心地も手に入れたようです。

※1セキスイハイムの家からセキスイハイムの家に建て替えること。
※2セキスイハイムM1(エムワン)は1971年に発売した鉄骨ユニット住宅の第1号商品。国立科学博物館が主催する未来技術遺産に選定・登録されている。

パルフェ

浜松市 M.Sさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、 ご長男、ご次男

[営業担当] 岡部 拓志

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す