グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

畳ベンチから生まれるにぎやかでなごやかな家族の時間。

タイトル画像

パルフェJXの暮らしぶりを拝見

奥深い色合いで高級感を放つプレミアムレッドのレジデンスタイル外壁が印象的なK邸。単世帯でありながら床面積55坪超という堂々たる邸宅です。

新築にあたり、県内の展示場をご家族でぐるっと見て回ったとのこと。その結果、安定感と先進感を併せ持つフラット屋根のパルフェを選択。

「建物自体も気に入りましたが、実際にセキスイハイムの家に住んでいる営業の松永さんの、実体験に基づいた説得力ある説明を聞きすっかりその気になってしまいました(笑)」

「家族の団欒」をテーマとしたK邸の象徴的な空間が、畳ベンチを設置したダイニング。展示場で見て一目で気に入り採用したという畳ベンチは、「和室のようにくつろいだり寝転んだり、食事の後そのままゴロンとしたり」と、今ではすっかり家族みんな(特にご主人)のお気に入りの場所になっているそうです。

「テレビのあるリビングより、畳ベンチのあるダイニングでの団欒の時間が多いということは、その分会話の時間が増えたというわけで、そういう意味では大正解でしたね」とは、一番活用しているご主人の弁。

居心地のいい空間が、家族をもっと家族にする。そんな家の効能をK邸が実証しているようです。

パルフェ

富士市 Kさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長男、 ご長女、ご次男

[営業担当] 松永 恵司

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す