グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問
  • 鉄骨
  • 外とのつながり
  • 子育て

光と風と眺望を楽しむ住まい。

タイトル画像

パルフェの暮らしぶりを拝見

目の前に駿河湾を望む爽快なロケーションに立つKさま邸。
海に面した大きな開口から、たっぷりの光と風を招き入れる開放的な住まいです。

ホワイトのタイル外壁が陽光に映えるKさま邸。目の前が海という開放的な立地を生かした明るく風通しのいい住まいです。設計を担当したデザインセンターの船木は、「あえて不整形な敷地に合わせた変化のある建物形状とすることで開口部を増やし、その分十分な採光と通風を確保しました」と、設計のポイントを話します。
インテリアも海をイメージした「ブルー×ホワイト」のマリンテイストを基本にコーディネートされています。親世帯が暮らす1階は、落ち着いたアジアンテイストに。一方、若世帯の2階は、ホワイトを基調にしたアメリカ西海岸のビーチハウス風インテリアです。階段と2階LDKの壁は、白い板貼り風のアクセントクロスとし、いっそうビーチハウスのラフな雰囲気を演出しています。
海とともに育ち、海が大好きなご主人は、「一言で言えば気分のいい家ですね。特に2階のリビングは海側も南面も窓が大きいので明るく開放的。風通しも抜群です。そして何といっても眺望ですね。目の前の駿河湾の眺めは最高です。海を眺めていると気持ちが大らかになりますね」と、家の効能を実感しているようです。
そんなご主人から、「セキスイハイムで建て替えて本当によかったと思います。でも元はと言えば佐藤さんとの出会いなんです。出会ってすぐに馬が合って親密になり、明るくて誠実で嘘がない人柄が気に入って、佐藤さんにお任せしようということになったんです。佐藤さんと家づくりができてよかったです」と、ありがたいお言葉をいただきました。

イメージ
イメージ
イメージ
パルフェ

沼津市 Kさま邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長女、ご次女、お父さま、お母さま、おばあさま

[営業担当] 佐藤徳仁

  • 鉄骨
  • 外とのつながり
  • 子育て

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す