グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

居酒屋併用住宅で充実のセカンドライフ。

タイトル画像

パルフェの暮らしぶりを拝見

富士山が見える西富士道路沿いに、店舗併用住宅を建て替えたYさま。隠れ家的でこぢんまりとした心地いい空間で、昼は身体にやさしい自然食のランチを提供し、夜は居酒屋を経営されています。生粋の料理人からのご要望に、ハイムはどうお応えしたのでしょうか?

「大部屋にも個室にもなる可変性の高い間取り。」

22年間、自宅で居酒屋を経営されていたご主人。一旦暖簾をしまい、別の店に勤めていましたが、「やっぱり一国一城の主として厨房に立ちたい」と強く思うようになったそうです。
以前のお店は老朽化が進み、駐車場も狭かったこともあり、建て替えることに。「海野店長が親身になって相談にのってくれて、他社よりも対応が早かったんです。設計、現場監督、インテリアコーディネーターの方たちとの連携も完璧で、この人たちとなら理想の空間ができると確信しました」と、セキスイハイムを選んだ理由について教えてくださいました。
完成した建物は1階が店舗『旬彩 玉よし』で、2階が住居になっています。『玉よし』は、玄関で靴を脱いで上がる家庭的なスタイルで、ゆったりとくつろげる雰囲気が漂っています。カウンターの向こうから、ご主人が満面の笑顔で「いらっしゃいませ!」と威勢のいい声で迎えてくれるのが心地いいですね。
昼間は和食処として、身体にやさしい酵素玄米や雑穀米を使ったヘルシーなランチを提供し、女性客を中心に喜ばれています。夜は居酒屋として営業し、旬の食材を使った創作料理や多彩なラインナップの地酒を求めてやってくる夫婦やカップル、団体客で賑わっています。ハイムの高い遮音性能により、交通量の多い幹線道路沿いであるにもかかわらず、店内は驚くほど静か。そんな快適な空間で、自慢の料理とお酒を提供できることに、ご主人は喜びを感じています。
「限られたスペースを有効に使えるよう、カウンターを10人掛けのL字型にしたほか、個室にも大広間にもできる可変性の高い空間をご提案しました」と、設計を担当したデザインセンターの船木正一が説明します。
住居専用のイメージが強いハイムですが、大空間を可能にする構造や、冷暖房が効きやすい高い断熱性能は、多くの人が集まる店舗併用住宅にも適していると言えます。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
パルフェ

富士宮市 Yさま邸

[ご家族構成] ご主人

[営業担当] 海野嘉征

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す