グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 静岡県の建築実例集 > 静岡県の建築実例詳細
  • 平屋
  • 鉄骨
  • 吹き抜け

光が降り注ぐ開放的な1.5階建てで、のびのびと暮らす。

タイトル画像

「どんな時も家族には安心して暮らしてほしい」
ご主人の家族愛が詰まった、太陽光・蓄電池・飲料水貯留システム搭載のフルスペック住宅。

ご結婚後、1年ほどアパート暮らしをされていたOさま。「このままアパート暮らしを続けるより、自分たちの家がほしい」というご主人の思いから、近くの完成見学会を訪れたそうです。「ふらっと見学に行った先で営業の山内さんと出会いました。山内さんは、私たちが土地も探していると知って、まだセキスイハイムで家を建てると決めていない段階から土地探しを熱心にして下さったんです」とご主人。奥さまも「協力的な姿勢がとても嬉しかったですね。それにとても話しやすいんです」と語ります。他社も検討していたものの、最終的には山内の人柄と、災害への強さがセキスイハイムで家を建てる決め手となりました。

イメージ

広い土地を準備できたことに加え、「老後も暮らしやすい」と平屋を選ばれたOさま。平屋でありながら1.5階の+α空間を取り入れたことで、吹き抜けのある開放的なLDKを実現しました。広々とした玄関の土間スペースは、奥さまのこだわり。大容量のシューズクロークには、趣味のスポーツ用品もスッキリ収納できます。上着も玄関で脱いで収納できるため、帰宅時に花粉などを家の中に持ち込まないのも嬉しいポイント。

イメージ

間取りには、今後生まれるお子さまとの将来を見据えたこだわりが。「子どもが成長した時に、会話が無くなってしまうのは嫌だなと思ったんです。だから、必ずリビングを通ってから各部屋に入るような動線にしました」とご主人。続けて奥さまも「『ただいま』と家族が必ず顔を合わせる空間にしたかったんです」と語ります。また、キッチンからリビング・玄関までを見渡せることにより、お子さまにも目が行き届きやすく安心です。

イメージ

ご実家で停電の経験をされ、食品の保管や、お風呂に入ることが困難だったというご主人。今後災害が起こった際、奥さまやお子さまがなるべくストレスを感じる事なく、普段に近い生活をしてほしいという思いから、太陽光・蓄電池・飲料水貯留システムを導入されました。「在宅避難ができれば、子どものミルクの確保や体調管理などを焦らずにしっかりできると思って」と将来の家族の安心まで見据えたご主人に、奥さまも笑みがこぼれます。

イメージ

また、通年型空気調節システム「快適エアリー」を採用したことにより、家中の温度差が少なく快適なことに加え、省エネ効果も抜群。太陽光の売電を加えると電気代がほぼゼロの月もあるとおっしゃいます。
 お家に招待したご友人が、その後一カ月も経たないうちにマイホームを購入したというエピソードも。「友人は家を買う予定は無いと言っていたので、驚きました」と笑顔のOさま。このエピソードが、Oさま邸がどれほど魅力的であるかを物語っています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

湖西市 Oさま

[ご家族構成] ご主人・奥さま

[営業担当] 山内将司

  • 平屋
  • 鉄骨
  • 吹き抜け

もっと詳しく知りたい方へ