グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

広々としたウッドデッキが大活躍。「家族みんなで『家』を楽しんでま~す」

タイトル画像

ハイムbjの暮らしぶりを拝見

以前、ご両親の家に同居されていたKさんご夫妻。二人目の子どもの誕生を機に新築を決意。さっそくお二人でマイホームセンターへ出掛けた時のこと。

「両親の家が古くて冬場は寒く、新築するなら暖かい家がいいなと思っていました」

その上奥さまは冷え性。さらに訪れたのが1月だったこともあり、「とにかく暖かい家を探しに行った、という感じでしたね」とご主人。

そこで真っ先に入ったのがハイムの展示場。

「『あったかハイム』のCMで、ハイムの家は暖かいというイメージがありましたから。中に入ってすぐに暖かさを実感しました。それに普通の暖房とは違う、はじめて味わう心地いい暖かさを感じました」

暖かいこと、地震に強いこと、そして太陽光発電の家であること。この3つを新しい家の条件としていたKさんご夫妻。決定的だったのは、営業担当の原との出会いだったそうです。

「初対面ですが実に感じがよく、第一印象で気に入りました。家は簡単な買い物ではありませんから、頻繁に接触することとなる営業の人は大事ですよ」

ウォームファクトリーが付いた念願の暖かい家は、「予想以上に気持ちのいい暖かさです。ダイニングキッチンの床をタイル仕上げにしたのですが、冬でも素足でいられますし、夏はタイルの冷たい感触が気持ちよく、そこで子どもが寝てしまうこともあるんですよ」と、大満足だそうです。

吹き抜けにオープン階段を設けた1階の大空間も、お二人のお気に入り。そしてリビングの前に設置した広々としたウッドデッキは、お子さんたちの格好の遊び場として大活躍。

「ウッドデッキはまさに第二のリビング。キッチンからも目が届き、子どもたちが遊んでいても安心です」

ご主人も「ウッドデッキは大人も大いに楽しんでいます。バーベキューをやったり、椅子を出して夫婦でお茶したり。寝転んで星を眺めるのも気持ちいいですよ」と楽しい暮らしぶりをお話しくださいました。

うらやましいくらいにのびのびと「家を楽しむ」Kさんご一家です。

パルフェ-bj

静岡市 S.Kさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長女、ご次女

[営業担当] 原 洋一

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す