グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

奥さまの思いが結実した奥さま仕様の家は、結局、家族みんなが快適な家でした。

タイトル画像

ハイムbjの暮らしぶりを拝見

以前は同じ牧之原市内のアパートにお住まいだったOさんご一家。マイホーム建築を決意し、土地探しから始められたそうです。

「やはり津波の心配がありましたから高台で、しかもここは静岡県ですから地震のことも考えてなるべく地盤がいい所を探しました。当然建てる家も地震に強い家にしたいということで、定評あるハイムの鉄骨系に決めました」

そんな思いから生まれたO邸は、地盤のいい牧之原台地にあり、周囲の茶畑の緑に映えるホワイトのタイル外壁が清々しい印象を放っています。

「妻のほうが家にいる時間が断然長いので、妻の気に入るように建ててくれればいい」と、おっしゃるご主人の言葉通り、間取りや収納計画など、ほぼすべてを奥さまが決めたそうです。

〝設計担当〟の奥さまは、「一生に一度のことですから、悔いのないよう、じっくり家づくりを進めました。何カ所ものハイムの展示場を見学し、和室の位置とか、1階の廊下を無くすことで広く使える間取りとか、『いいな』と思ったところを積極的に取り入れた、『いいとこ取り』の家なんです」と、ご自身の思いが実った新居に大満足のご様子。

中でも、将来このご自宅でネイルサロンを開く計画があるため、キッチンが見えないように壁を設けたリビングは、まさに〝奥さま仕様〟。

「営業の青木さんが、すごく気がつく人で、主婦の目線でいろいろ提案してくれて、お陰でとても家事がしやすい家になりました」

そんな青木は「最近自分の家を新築したので、その実体験を生かして、なるべく奥さまの意向に合った家になるよう、具体的なアドバイスをさせていただきました」と、自身の信条である〝奥さま思いの家づくり〟について語ります。

奥さま本位の家づくりが結局、ご家族本位の家になる。そんなことを改めて感じさせるO邸です。

パルフェ-bj

牧之原市 T.Oさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長女、ご長男

[営業担当] 青木 渡峰雄

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す