グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

家づくりでは「人」の“質”も重要だと実感。そんな「人」の力で実現した、快適で機能的な大人の邸宅。

タイトル画像

ハイムbjの暮らしぶりを拝見

かねてから「いつかはマイホームを」と話し合われていたご夫妻ですが、共働きでお忙しく、実際にマイホームセンターに足を運ぶことができたのは2013年のお正月休みのこと。「最終的に2社に絞りましたが、最大の“決定打”となったのは営業の内山さんの存在でしたね。とにかく、説明が丁寧で対応も早く、提案力も抜きん出ていた」とご主人。奥さまも「家づくりでは、住宅自体の質はもちろん、関わってくださる『人』の“質”も重要なことを、改めて実感しました」

そんなご夫妻が特にこだわられたのが、開放感と生活利便性。開放感については「広さ」だけでなく、「高さ」も重視されました。これを受けて内山が提案したのが、ダイニング上部に設けた大きな吹抜け。南と西の2面に大開口を設置し、たっぷりの採光とこの上ない開放感を確保しました。また、リビングから続く和室は、ご主人のご希望で玄関ホール側にも出入口を設置。「これなら突然の来客時にリビングが散らかっていても、涼しい顔で『どうぞこちらへ』って玄関ホールから直接お通しできるでしょう(笑)」。フィックス窓から和の趣ただよう植栽が眺められるのも、客間としての格調を高めています。

「あとはもう、内山さんはもちろん、皆さんを信頼してお任せしました。そうしたら予想通り、インテリアの山中さんも、エクステリアの沼田さんも、こちらが具体的な要望を提示しなくても、『お二人のイメージに合うと思って』と出してくれるプランがことごとくドンピシャ!『そうそう、これこれ、こんな感じ』って、二人で膝を打ってばかりでしたね」

取材中も終始、笑い声が絶えないご夫妻。たまの休日には、5.1chサラウンドシステム&大画面テレビを設置したリビングを“ホームシアター”に、お二人でのんびり映画鑑賞を楽しまれているそうです。「夏になったら外でバーベキューをしたいから、それまでに庭づくりを頑張らなくちゃ」とご主人が言えば、「玄関(ピクチャーレール)に飾る絵も早く描いてね」と奥さま。これから少しずつ、けれども着実に、幸福な〝わが家〟の色に染められていくSさん邸です。

パルフェ-bj

袋井市 Sさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま

[営業担当] 内山 真士郎

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す