グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

デザイン性の高い内外装と、巧みな空間設計で、楽しくなる家が完成。

タイトル画像

ハイムbjの暮らしぶりを拝見

営業の大橋は、ご主人の友人。しかしご主人はきっぱりと言います。

「確かに他社は一切検討せずにセキスイハイムに決めました。けれどそれは大橋くんが友人だからではありません。前々からセキスイハイムには信頼感を持っていたし、私の場合、長期の出張が多いため、家を建てるなら、留守の時に家族を守ってくれる地震に強い家にしようと決めていたんです。

で、地震に強い家とくれば、当然セキスイハイムとなるわけですよ。そこで初めて大橋くんが登場するわけです。つまり、はじめにセキスイハイムありきなんです」

こうした経緯で始まったSさんご一家の家づくり。

「せっかく建てるならデザイン性の高い家にしたい」という友人の希望を叶えるため、大橋は設計をデザイン室の伊藤滋教に託すことに。そして、ご主人の「吹き抜けのある明るいリビング」や、奥さまの「使いやすい対面キッチンとスムーズな家事動線」など、さまざまな要望を見事に具現化する伊藤の優れた設計力と、インテリア担当の提案力が相まって、内観も外観もカッコいい、まさに展示場のようなデザイン住宅が完成しました。

イメージ

「1階にも2階にも回遊性があり、それが単に便利なだけではなく、家の中の移動が楽しくなるような、そんな素敵な間取りになっています。セキスイハイムといえば地震に強い家というハードなイメージが強かったんですが、今回の家づくりで、空間設計やインテリアなどソフト面も優れていることを実感しました」

「楽しくなる家」。ご主人から最高の賛辞をいただきました。

イメージ
イメージ
パルフェ-bj

浜松市 Sさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長女、ご次女、お母さま

[営業担当] 大橋 栄介

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す