グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

ご家族それぞれの思いをカタチに。当社グッドデザイン賞受賞の完全二世帯住宅。

タイトル画像

ハイムbjの暮らしぶりを拝見

以前は市外の賃貸住宅にお住まいだったご夫妻と長女の彩(さや)ちゃん。ご主人いわく「長男なのでゆくゆくは同居したいと考えており、娘の小学校入学を機に、二世帯住宅を建てることにしました」。他社も検討されましたが、「これからのことを考えれば太陽光発電は必須。あとは耐震・耐久性、そして長いおつきあいになる営業マンの人柄で、ハイムに決めました」。子どもの頃に狩野川台風を経験されたお父さまも「安全面は特に重視しましたね」とおっしゃいます。

ご希望はそれぞれの生活時間帯の違いに配慮して、2階をご主人ご家族の、1階をご両親の居住スペースとし、玄関、水まわりもすべて別に設けた完全二世帯住宅。とはいえ、1階和室をご家族全員が集える共用空間とし、「ほどよい距離感」と「ほどよいつながり」を両立させました。この和室にはお母さまのご要望で掘りごたつを設置。ほかにも「家族一人ひとり『自分の部屋』がほしい」「2階リビングは広く明るく」「1階にお客様用のトイレを」などなど、「まぁ、これでもかというくらいワガママ言ったけれど(笑)、すべて見事に実現してくれて驚きましたよ」とお父さま。

イメージ

また、10.19kWの大容量太陽光発電も搭載、建坪約57坪というお宅でありながら、月々の電気代は平均して2万円のプラス収支です。「特に節電を意識するでもなく、快適に暮らしながらこの数字。本当にスゴイですね。それに快適エアリーも本当に〝快適〟。夏場に仕事から帰ってきてもムッとしないし、風呂から上がっても汗ばまない。冬もどのくらい快適か、楽しみですよ」とご主人は微笑まれます。

とにかく明るく笑い声の絶えないご一家。取材当日の夕食は彩ちゃんの希望で手巻き寿司に決定!久しぶりにご家族全員で囲む食卓、賑やかな光景が目に浮かびます。

イメージ
イメージ
イメージ
パルフェ-bj

伊豆市 Mさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長女、お父さま、お母さま

[営業担当] 鈴木 孝彦

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す