グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

ミニマルな白い空間に、赤いソファが印象的。 生活感を抑えつつ、暮らしやすさを追求。

タイトル画像

ハイムbjの暮らしぶりを拝見

芝の緑にモノトーンの外壁が映えるIさま邸。
玄関ホールを抜けてリビング・ダイニングに足を踏み入れれば、奥行感のある白い空間が広がります。
潔いまでにシンプル。まさに「引き算の美学」をカタチにした、お二人のセンスが光る住まいです。

以前は、市内のアパートにお住まいだったIさまご夫妻。「長い目で見れば家賃を払い続けるよりも賢明」「停電時にも電気を使いたい」との理由から、太陽光発電、蓄電池搭載のbjを建てられました。
玄関ホールも含めて1階はホワイトが基調色。「白」という色の効果と、巧みな空間設計により、奥行感と開放感に満ちた空間となっています。

イメージ

以前はアウトドア派だったご主人ですが、「この家ができてから、ソファにゆったり腰かけて、二人でDVD観賞するのが至福の時間となりました。快適エアリーのおかげで冬も暖かく過ごせましたね」。奥さまもその言葉に頷かれながら「オープンキッチンから見渡す〝景色〟も大好き。パステルピンクのシンクもお気に入りです」と微笑まれます。
また、収納を豊富に確保したり、主寝室とご主人の書斎の間に通路ともなるウォークインクロゼットを設けるなど、住みやすさにも十分にこだわっています。
緑が芽吹く頃には新しい家族を迎えるIさまご夫妻。当分は夢いっぱいの〝家時間〟を謳歌されることでしょう。

イメージ
パルフェ-bj

富士市 Iさま邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま

[営業担当] 望月昂平

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す