グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

二世帯が互いに気兼ねなく生活しつつ、”ひとつ屋根の下”だからこその安心感も。

タイトル画像

グランツーユーの暮らしぶりを拝見

シーニックウインドウ(連続縦窓)や大屋根を設け、グランツーユーらしい格調高さと豊かな表情を際立たせたNさんのお住まいは、1階の一部をご両親のお宅とし、玄関を2ヶ所(朋之さん宅とご両親宅)に設けた完全分離型二世帯住宅。互いの世帯のプライバシーを尊重し、気兼ねなく暮らしながら、“ひとつ屋根の下”だからこその安心感も得られます。

「工場見学はもちろん、県下の展示場や見学会にも頻繁に足を運び、2×6の耐震性と気密性の高さを実感しました。梅雨時に展示場を訪れた際には空気工房の快適性にもふれ、グランツーユーに決めました」(ご主人)

プランニングにあたっては、「光をたくさん取り入れて、明るい家にしたかった」とおっしゃるご夫妻。また、ご主人は「2階のリビングは畳敷きにして、ゴロゴロくつろげるようにしました」。一方、奥さまは「子供がいつ帰ってきたのかわからないということのないよう、階段は1階リビングの一番奥に取り付けてもらいました」と、それぞれのこだわりを語ってくださいました。

営業担当の石原は、「キッチンが北側にあるため、上部を吹抜けとして開放感を出し、さらにシーニックウインドウを設けて明るい光を取り込めるようにしました」。これには奥さまも大満足のご様子で、「シーニックウインドウが高い位置にあるので、空や流れる雲が眺められて気持ちがいいですね」とニッコリ。

そんな新居での暮らしぶりについて、「子供が以前にもましてのびのびしているのがわかります。両親も快適に過ごしているようですし、毎年花粉症に悩まされていた母が『空気工房のおかげで、家の中では症状がピタリと治まっている』と言っていました。やっぱりグランツーユーにして正解でしたね」(ご主人)

また、広々としたバルコニーは見晴らしも抜群。春には満開の桜を愛で、夜には街の夜景にうっとり…と、誰もが羨む“眺望生活”を満喫されています。
「夏になったらバルコニーでバーベキューを楽しみたい。今からワクワクしていますよ」(ご主人)

ご家族の毎日を大らかに包み込むグランツーユーで、ご家族の夢も大きく広がります。

グランツーユーファイブ

富士市 T.Nさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長男、お父さま、お母さま

[営業担当] 石原 義之

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す