グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

エレガントグレーの外壁とボウウインドウが印象的。開放感に満ちた空間が、暮らしを豊かに彩ります。

タイトル画像

グランツーユーの暮らしぶりを拝見

これまではアパートで生活されていたTさんご一家。ある時、ふと、ご主人が「月々の家賃は住宅ローンの返済額と大差ないんじゃないか」と考えたのが、今回のマイホーム建築のきっかけでした。そして種々ご検討の結果、「セキスイハイム」のブランド力と住宅の気密性の高さを評価され、グランツーユーをお選びいただきました。

「筒井さんの存在も大きかったですね。当初から一つひとつ、細かく提案やアドバイスしているのを見て「やり手だなぁ」と感じていましたが、プランを進めるほどに、その”やり手ぶり”をますます実感しました」とご主人。ご夫妻が口を揃えて「いちばん気に入っている」とおっしゃるボウウィンドウも、筒井の提案によって設置されたものです。

そんなTさんのお住まいは、2×6ならではの高い気密性と、つねに住まい全体を清浄な空気が流れる「空気工房」の強みを生かし、とても開放的な設計となっています。1階はリビングとダイニングキッチンによる広々としたワンフロア。ホワイトを基調色とし、ボウウインドウから差し込む光と相まって、清々しいイメージを描き出しています。この広やかな空間の中を、毎日、Yくんが元気いっぱい走り回っているのだそうです。

また、「キッチンもとっても使いやすくて気に入っています」と奥さまがおっしゃるように、家事動線にも配慮が行き届いています。まず、キッチンはぐるりと回ることができる、動きやすいアイランドタイプ。そしてこのキッチンから直接、洗面室へ出入りできるよう設計されています。

一方の2階は、主寝室と2つの子ども室、集中収納で構成。広々とした主寝室に2つの出入口が設けられているのは、将来の暮らしの変化に合わせて2部屋に仕切ることができるようにするためです。

「この家で暮らすようになってから、仕事が終わるとすぐに家に帰りたくなりましたね」。そんなご主人の言葉こそが、この家の心地よさと住みやすさを物語っているのです。

グランツーユーファイブ

浜松市浜北区 T.Tさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長男

[営業担当] 筒井 教雄

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す