グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

「“後藤くん”のお陰で、住まいの夢が叶いました」

タイトル画像

グランツーユーの暮らしぶりを拝見

分譲地の2区画分の広い敷地に立つKさん邸。ベージュの総磁器タイル外壁が、緑豊かな植栽と相まってナチュラルな雰囲気を生み出しています。
 
以前はここに築30年超の家があり、外壁のメンテナンスが必要になるなど、老朽化による諸問題が出はじめ、「少しもったいないと思ったが」建て替えることに。
 
いくつかの住宅会社の商品を検討した結果、グランツーユーに決めていただいた一番の決め手は、ご主人曰く「後藤くんに騙されちゃった(笑)というか、熱心さにほだされちゃったというか、要するに後藤くんを気に入っちゃたんです(笑)」
 
「家として決め手になったのは、室内の暖かさですね。展示場で『空気工房』を体感して、その心地いい暖かさを、まさに肌で感じ、気持ちが大きくグランツーユーに傾きました」と、ご夫妻は口を揃えて「空気工房」の魅力をお話しいただきました。
 
「窓を閉め切っていても、キレイな空気が家の中を流れているのが実感できるんです。それに二人とも花粉症なんですが、家の中にいる限りまったく大丈夫ですね」

「住みはじめて実感したのは遮音性の高さです」そう語るのはご主人。「今までは家の中で飼っている犬の鳴き声が近所迷惑になっているんじゃないかと気兼ねしていましたが、今はまったくそういう心配は無用ですね。逆に外の音も聞こえにくく、雨が降りはじめたことに気づかないんです」

奥さまが気に入っているところは、何といってもキッチン。「以前の家は、独立型のキッチンが北側にあり、暗くて日中でも電気を点けていたくらい。その点今度のキッチンは、ボウウインドウがある明るいダイニングと一体になった対面式のオープンキッチンですから、以前のように孤立感を感じることなく、家族と会話しながら楽しく調理ができます。遊びにきた友だちには『まるでカフェみたい』と、羨ましがられています」

最後に〝騙した後藤くん(笑)〟については、「本当に常に一生懸命で、いろいろアイデアを出してくれたり、適切なアドバイスをしてくれたり、非常に助かりました。後藤くんのお陰で希望が叶いました」と、お墨付きをいただきました。

グランツーユーファイブ

富士市 Kさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、 ご長男、ご長女

[営業担当] 後藤 潤也

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す