グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

家の中央に設えた居酒屋風空間で、今宵も夫婦二人で「家飲み」を楽しむ。

タイトル画像

グランツーユーの暮らしぶりを拝見

明るくて、楽しくて、元気いっぱい。そんなOさんご一家が選んだのが、ボウウインドウが付いたグランツーユー。奥さまの提案で、外壁のコーナーだけタイルの色を変えたオシャレな外観が目を引きます。その外壁のタイルも表面に凹凸があるフォレストサイドタイルを採用するなど、趣ある表情を演出しています。

「グランツーユーを選んだ理由は、展示場で空気工房の良さを実感したことも大きいのですが、何よりの決め手は営業の石井さんの魅力です。何事も客側と同じ立場、同じ目線で考えてくれる。会社の利益よりも客側の気持ちを優先して話をしてくれる。そんな石井さんに、初めて展示場で会ったその日に、大げさでなく、心を鷲づかみされちゃったんです(笑)」と、ご主人は石井を大絶賛。

かくして、完成した新居のコンセプトは「落ち着ける家」「和める家」。そんなコンセプトをはっきり具体化した場所が、家の中央に設えた畳コーナー。黒の琉球畳に電球色の暗めの照明と、お酒が大好きなお二人の念願が叶った居酒屋風空間です。一粒種の綾吾くんが寝付いたあとの「家飲み」タイムはまさに至福の時間だそうです。

親子を楽しむ。夫婦を楽しむ。そして家を楽しむ。Oさんご一家はグランツーユーとともに、そんな「豊かな普段」を満喫しているようです。

グランツーユーファイブ

伊豆の国市 Oさん邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、 ご長男

[営業担当] 石井 純一

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す