グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

昔ながらの町並みに調和しつつ、威風堂々と佇む二世帯住宅。

タイトル画像

グランツーユーの暮らしぶりを拝見

段違い片流れ屋根とシックな配色のタイル外壁が、「和」の趣を漂わすYさまのグランツーユー。
威風堂々たる佇まいを見せながら、細葉囲いの日本家屋が立ち並ぶ町並みにしっくりと調和しています。

アパートで暮らしていたご長男夫妻の同居を機に、築35年の家を二世帯住宅に建て替えることにしたYさまご夫妻。親子共々、何カ所もの住宅展示場を見て回った結果、気密性の高さ、木のぬくもり、そして空気工房による温度差の少ない室内環境が「大いに気に入って」、グランツーユーをお選びいただきました。
設計を担当した当社デザイン室の一級建築士・伊藤滋教はYさま邸の特長について、「一般的な切妻屋根の1.2倍のソーラーパネル搭載を可能とする新しい屋根形状「スラントステップルーフ(段違い片流れ屋根)を採用しました。これにより大容量のソーラーパネル搭載が可能となった上、最高高さの増した屋根下空間が確保でき、ご長男が強くご要望された広めのロフトを設置することができました」と話す。
またYさま邸では、玄関とキッチン双方から直接出入りできるパントリーや、ご長男の趣味であるロードバイクの車庫として、玄関の三和土を延長した土間収納を設けるなど、利便性の高い動線や使い勝手のいい間取りプランが随所に採用されています。
日々、木のぬくもりと清らかな空気に包まれて、便利で快適な暮らしを謳歌するYさまご一家です。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
グランツーユーファイブ

浜松市 Yさま邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長男、ご長男の奥さま

[営業担当] 長尾光高

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す