グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

長閑やかな環境の中で、静かに佇む平屋のグランツーユー。

タイトル画像

グランツーユーの暮らしぶりを拝見

〈パオ〉の愛読者でいらっしゃるOさまが、ご結婚を機に終の棲家として、平屋のグランツーユーを新築。
陶器瓦で屋根を葺いた木の家が、緑豊かで長閑やかな環境に調和して、落ち着いた佇まいを見せています。

「家を建てるなら、とにかく落ち着いた雰囲気の心からくつろげる家を。そんな思いをずっと抱いていましたから、自然と平屋へと気持ちが向いていました。実は、有力な候補としてもう1社も検討していたのですが、ボウウインドウが気に入ってグランツーユーに決めました」
そうおっしゃるご主人は数年来の〈パオ〉の愛読者で、バックナンバーをしっかりと保管されているほど。
「以前、『お宅拝見』のページに、素敵な平屋のお宅が載っていて、ぜひ実際に見てみたいと思い、営業の人に仲介してもらい、見学させてもらいました。住まい手の方はとても感じのいいご夫婦で、家の中も丁寧に案内していただきました。その日初めてお会いした方の家だというのに、あまりにも居心地がよくついつい長居をしてしまいました(笑)。当然、グランツーユーへの評価も一段と高まりましたね」
そんな流れを経て完成したOさま邸は、家の中に入った瞬間に、ご主人の「心からくつろげる家を」という思いが伝わる、穏やかな空気に満ちた住まいです。
インテリアは、静岡セキスイハイムインテリアのコーディネーターが担当。お二人の「ナチュラルな雰囲気に」というリクエストに応え、全室の家具類を、やさしい表情の木の家具で有名なカリモク家具の製品でコーディネートしています。
「3人で愛知県にあるカリモクの本社に行って、コーディネーターのアドバイスを受けながら選びました」
どうりで、物静かなお二人にお似合いの上品な家具ばかりです。
家からも、家具からも木のぬくもりを感じる、まさに、ご主人が望んだ「心からくつろげる家」で、お二人の平らかな日々が紡がれています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
グランツーユーファイブ

浜松市 Oさま邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま

[営業担当] 川口 峻

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す