グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > 建築実例 > 建築実例レポート
セキスイハイムの実邸訪問

光と風が微笑む坪庭のある邸宅。

タイトル画像

グランツーユーの暮らしぶりを拝見

95歳のお祖母さま、ご両親、二人のお子さまと賑やかに暮らすYさまご夫妻。坂の途中に新築された邸宅は、既存の庭と美しく調和して、優美な佇まいをみせています。セキスイハイムのプランニングコンテストにも入賞した素敵なお住まいをご紹介します。

「4世代・7人家族の快適な暮らし。」

車で坂道を登ってくると、重厚で気品に満ちた外観が見えてきます。それがYさま邸です。ご夫妻と2人の元気な男の子、ご両親、そして95歳とは思えないほど矍鑠としたお祖母さまの7人家族で住まわれています。
築43年の老朽化に伴う耐震が心配で、ご実家の建て替えを決めたご主人。天候に影響されない構造躯体の工場生産、仕上がりにムラのない確かな品質がハイムを選ぶ決め手になったそうです。さらに、ご家族のみなさんが木の家に住み慣れていたこともあり、迷うことなく木質系のグランツーユーをご要望されました。
亡きお祖父さまが長年大切に手入れをされてきた庭からアプローチを通り、玄関を入ると、正面に坪庭が見えます。設計を担当したデザインセンターの伊藤滋教は、「南北に長い敷地なので、北側が暗くならないよう、坪庭を設けることで十分な光と風を確保しました」と設計のポイントについて説明します。
大家族が集まるLDKは、全員の顔が見える場所にキッチンを配置し、コミュニケーションもスムーズ。ボウウインドウからも光が差し込み、明るくて開放的な空間に。ご両親とお祖母さまの部屋は1階、子世帯の部屋と寝室、子ども部屋、シャワーブースは2階に配置しました。部屋数の多い二世帯住宅ですが、どの部屋も2面採光と通風に考慮して設計されているのでとても快適です。
「暑い夏に外から帰って玄関扉を開けてもモワッとしないし、冬はどの部屋もほんのり暖かい。空気工房の効果を実感しています。」とご主人。しかも、こんなに交通量の多い通り沿いでありながら、車の騒音がほとんど聞こえないほど静かなのは、ハイムの家の遮音性能の高さを実証しています。
デザインと性能と住みやすさのバランスが取れたYさま邸は、時とともに味わいが深まり、やがてヴィンテージとなって、次の世代へと住み継がれていくことでしょう。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
グランツーユーファイブ

浜松市 Yさま邸

[ご家族構成] ご主人、奥さま、ご長男、ご次男、お父さま、お母さま、お祖母さま

[営業担当] 島野純一

インテリアやデザインを
実際に確認できます

展示場を探す