宮城県沖連続地震から実証

震度6クラスの揺れが一日に3度も襲った連続地震。

震度6クラスの地震が一日に3度発生するという前代未聞の震災が、宮城県北部を襲いました。直下型地震に襲われた矢本町では、家の倒壊のほか、地面の地割れや崩壊も各地で起きました。

被災地のセキスイハイムの実態
被災地のセキスイハイム500棟中において 全壊・半壊なし
宮城県沖連続地震DATA
マグニチュード 6.4
瞬間的な揺れ 483ガル

被災地のハイム入居者の声

宮城県東松島市 M様邸

揺れやすい高台に建つわが家ですが、被害はテレビが落下した程度。

宮城県東松島市 M様

ドンという音と同時に10mくらい下に落とされたように感じました。ガスや水道も止まってえらいことになったとは思いながらも、妻も私も仕事に出かけました。
わが家での被害はテレビが落ちたことくらいだったので、事態を深刻に受け止めていなかったのでしょうね。
やっぱりハイムは強いのだなあと思いました。


被災地のハイムが「地震に本当に強い家」であることを実証

ページの先頭へ