エコキュート

水は命の基本。水の備蓄が生死を分ける。

震災時取り分け困った問題は水。水道の復旧は1ヶ月以上かかっています。飲料水の確保はできても、必ず不足するのが日常用水。阪神大震災でも、最も困ったこととして、「洗面、掃除などの生活用水の確保」を1位にあげる人がほとんどでした。

エコキュート(電気温水器)が非常用タンクになる

イメージ:エコキュート(電気温水器)が非常用タンクになる

水道が止まってもタンクから直接お湯を沸かすことができる。

エコキュート(電気温水器)のタンクの水は、断水・停電時に生活用水として使用できます。
新潟中越大震災では、給湯器のお湯が役に立ったと報告されています。
水道が止まってもタンクから直接お湯を出すことができ、災害時に威力を発揮します。


水が止まれば水洗トイレも使えません。

イメージ:水が止まれば水洗トイレも使えません。

災害時のトイレ対策として水の汲み置きがおススメ

阪神大震災で震災直後から避難者が最も困ったのがトイレの問題でした。
神戸市では被害にあった区域はほぼ100%水洗化されており、水道が断絶したために水洗トイレが使えない状態になりました。
仮設トイレの備蓄は無く、震災直後は穴を掘ったり、袋に便をためるなど涙ぐましい工夫を余儀なくされ、避難所では高齢者がトイレに行けないために水分を控え過ぎて脱水症状を起こすなど悲惨な状況もありました。
下水管が破損している状態の中、マンションの上階で水洗トイレを流したために1階の風呂場やトイレから吹き上げたケースもあります。水道が復旧しても下水管のチェックがすむまで流さないような配慮も必要です。
そこで、災害時に備えてトイレのためにおすすめしたいのは、水の汲み置きです。風呂の残り湯は捨てずに、いつも水を張っておくよう習慣づけておくと、とりあえず急場をしのぐことができます。


簡易トイレを防災グッズに

イメージ:簡易トイレを防災グッズに

防災シェルターBOXには100回分を装備

震災時に最も苦労するのがトイレです。断水によりトイレが排泄物でいっぱい。
仮設トイレが長蛇の列という阪神大震災の経験をふまえて開発されたのが、水のいらない簡易トイレです。
持ち運びが簡単で、給水樹脂で排泄物を固めたあと、可燃ゴミとして捨てるだけ。
気になる臭いもありません。
家庭でいくつか常備しておくことをお勧め。防災シェルターBOXには100回分を装備しています。


ページの先頭へ