震災後への備え

震災後のサバイバル、3日間を生き抜くために。

震災直後は商店も被災しており、食料を手に入れるのが困難になります。そのためにも備蓄が重要なのですが、現代の日本ではおよさ3日後には救援活動が行われるため、最低3日分の非常食を備えておきましょう。

食料を備える

イメージ:食料を備える

7日分(うち非常食3日分)程度を用意

例:家族4人×3食/日×3日=36食分(非常食)

備蓄ポイント

  • 保存食料は、保存期間の長いものを選び、温度・湿度の低い場所で保管する。
  • 保存食料の中に味に変化がつけられる調味料(醤油なども)入れておくと良い。
  • 子供の居る家庭では、レトルト食品などの子供が喜んで食べるものを保存食品にすると良い。
  • 高カロリーなチョコレートは、体力消耗を防ぐことができます。

電気温水器を使用している際は、その容量によって水が保存されています。


飲料水を備える

イメージ:飲料水を備える

1人につき1日3リットルの水を最低3日分用意

例:家族4人×3L/日×3日=36L

備蓄ポイント

  • ペットボトルのミネラルウォーターはだいたい賞味期限が2年近くあるので保存に便利。
  • 水の保存は直射日光を避ける。
  • 缶詰めは保存期間が長く・そのまま手を加えず食べられるものを選ぶと良い。
  • 飲料水は3日に一度はくみ替えをする。
  • 浄水器を通した水は塩素効果がないので毎日くみ替える。

ページの先頭へ

セキスイハイム防災シェルターBOX

ハイムにお住まいの方の防災アイテム

大地震はいつ起こるかわかりません。震災時に家族を守るため「いざという時に備える防災用品」・「被災時に救援物資が届くまでの3日間程度を自足してしのぐための備え」をしておきたいものです。セキスイハイムは被害者の方々の声を参考に真剣に考えました。ご家族の構成に合わせ、何をどれだけ用意するかセキスイハイムの耐震マスターが、コンサルティングしながら ご家族を守るお手伝いをさせていただきます。

大震災に備える26アイテム!

  • 画像:手動発電式LEDライト&ラジオFM

    手動発電式LEDライト&ラジオFM

  • 画像:携帯電話用くるくるバッテリーチャージャー

    携帯電話用くるくるバッテリーチャージャー

  • 画像:貼るホッカイロ

    貼るホッカイロ

  • 画像:チャッカマン

    チャッカマン

  • 画像:ろうそく

    ろうそく

  • 画像:非アルコール系固形燃料

    非アルコール系固形燃料

  • 画像:消火器

    消火器

  • 画像:携帯用浄水器

    携帯用浄水器

  • 画像:抗菌折りたたみポリタンク

    抗菌折りたたみポリタンク

  • 画像:水のいらないシャンプー

    水のいらないシャンプー

  • 画像:ウエットティッシュ

    ウエットティッシュ

  • 画像:サランラップ

    サランラップ

  • 画像:ペーパー皿

    ペーパー皿

  • 画像:ペーパーカップ

    ペーパーカップ

  • 画像:スプーン・フォーク

    スプーン・フォーク

  • 画像:簡易トイレ(100回分)

    簡易トイレ(100回分)

  • 画像:ポケットティシュ

    ポケットティシュ

  • 画像:救急セット

    救急セット

  • 画像:ビニール袋

    ビニール袋

  • 画像:皮手袋

    皮手袋

  • 画像:軍手

    軍手

  • 画像:万能13徳ナイフ

    万能13徳ナイフ

  • 画像:マジック 黒 (太・細書)

    マジック 黒 (太・細書)

  • 画像:画用紙

    画用紙

  • 画像:クラフトテープ

    クラフトテープ

防災・耐震ハンドブック

地震の備え、地震の対処、避難生活についてなど、
備えから復興までの愛する家族を地震から守るための
行動マニュアルをぎゅっとまとめたハイムオリジナルのハンドブックです。

画像:防災・耐震ハンドブック

工場見学会ご来場予約へ

ページの先頭へ