羨望を天空へと導く、 地上24階建て※1のタワースケール。

住まいは、そのロケーションの魅力を最大限に高めるものであるべき。都心の中心という稀有な地を得て構想したのは、この街の象徴として、すべてを見晴らすタワーレジデンスという邸宅のあり方でした。オーナーの誇りも、街行く人々の視線も、まばゆい天空へと導く。この街の新たなランドマークを、ここに掲げます。

プライバシー性を高めた、 空調付き内廊下設計

共用廊下が外の街並みに面さず、ホテルライクな空間が保たれます。

1LDK~3LDK、 100㎡超のプランもご用意

さまざまなライフスタイルや居住形態にお応えする幅広いプランです。

居室空間の可変性を 高めるスケルトンインフィル

間仕切りや間取りを容易に変えられるスケルトンインフィル構造を採用しました。

断熱等性能等級最高ランク4

温熱環境に関するエコロジー性能を最高等級まで高めました。

全住戸玄関部に電気錠システム採用

鍵を取り出す手間が省け、スムーズに解錠することができます。

揺るぎない日常を。
先進の免震構造を採用。

今も、これからも、安心して暮らせる邸宅をめざし、先進の免震構造を採用しました。建物と基礎の間に免震装置を設置することで、万一の地震の際も、地震エネルギーを吸収。建物の安全性を高めるとともに、損傷などから邸宅を守ります。

(免震構造概念図)

GROUND DESIGN グランドデザイン

街の視線を奪う、 誇らしきランドマークとなる。

「タワー・ザ・ファースト名古屋 栄」が基壇部に求めたのは、タワーを支える堅牢な重厚感と、邸宅の顔を司るシックで凛然たる佇まい。シンメトリーを採り入れたファサードデザインと、その表情を照らす、ぬくもりあるライティング。行き交う人々の視線を一身に集めるランドマークを描きます。

次代のヴィンテージとなる 邸宅をめざして。

暮らすほどに、オーナーの心が深い充足感で満たされるように。真に価値ある邸宅として、街に開かれる印象美として、重厚な御影石を配し、起伏のある壁面を構成。品格と味わいのあるデザインを創出しました。めざしたのは、色褪せることのない建築。歳月とともに深まりゆく次代のヴィンテージです。

1. セラミックタイル ハイパー 2. 天然御影石(磨き) 3. メタル調タイル ラミナ 4. 大理石調タイル ベインA
5. 木目調シート 6. 手削り天然御影石 7. ジョリパット グラディウス仕上  8. 御影石調タイル

MAIN ENTRANCE メインエントランス

都心の別世界へ、 分け入るように。

建物のファサードとなる東面の意匠を連続させ、邸内へといざなうアプローチを創出。動線に沿って配されたダウンライトが、この先に続く安息の空間を予感させます。都心に生きる高揚感を、一歩一歩、鎮める道程。ここは、オーナーだけに許された、別世界への入口でもあります。

※掲載の写真は現地23階相当の高さから撮影(2017年4月撮影)したもので実際とは見え方が異なります。※眺望等は階数・各住戸により異なり、周辺環境・眺望は将来変わる場合があります。※眺望は永続的に保証されるものではありません。※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。※掲載の建物外部素材写真は、色合いが実際とは多少異なります。※1.住戸最上階は23階※掲載の1階・2階平面図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、諸条件により変更になる場合があります。※方位記号は若干誤差があります。