ハイム愛で新築、
リフォーム、アパート同時進行。

Hさま邸を訪問すると、ハイムの家が2軒並びで建っています。どちらも見た目は新しいのですが、入り口手前の家はご主人が34年前に建てた家。奥が5年前に建てた二世帯住宅です。さらにハイム不動産でアパート経営もされており、ハイムへの信用、担当営業マンへの信頼は絶大。ハイム愛をたっぷり語っていただきました。

長いお付き合いができるいいパートナーに巡り合えました。

家を建てる前は借家住まいで、お子さまは高校生を筆頭に男の子4人。なんともにぎやかな状況だったようです。お子さまを連れ、何気なく遊びに行った大型展示場でハイムの家にひと目惚れしたのをきっかけに、長いお付き合いがスタートします。「他のモデルハウスに目がいかないほど、まず外観に惹かれ、中に入ったら営業の近藤さんがいたんです。話をしているうちに、この人なら任せられる、よし、建てようと。次の日には親父に相談して所有している土地に建てさせてほしいと頼みにいきました」とご主人。お父さまも近藤を気に入り、農地の一部を宅地にしてとんとん拍子で家づくりは進みました。「工場見学でしっかりとした基礎、骨組みをみたら、もう言うことなし。4人の子ども部屋を要望し、後はほぼお任せでした」。奥さまは、「30年経っても不具合や不便がなく、地震があった時も後で人に聞いて知ることがほとんど」と笑います。

広い屋敷に建つ2軒のお家。34年前に建てた1軒目の家は、リフォーム後、四男家族が快適に過ごしている。どちらも太陽光発電を搭載
1軒目は水回り、壁床天井の内装をリフォームしたためほぼ新築のよう。ソーラーパネルを搭載し、オール電化に

他社にしようという考えは一切なかった。

定期点検以外にも、近藤が顔を見せると話に花が咲き、お付き合いが続くなか、アパート住まいだったご長男家族との同居の話が持ち上がります。「1軒目は四男に譲り、隣に二世帯住宅を建てようと近藤さんに相談しました。それまでもいろいろと資産活用のことなど相談にのってもらっていたので、他社にしようという考えは一切なかったですね」とご主人。この時、1軒目を四男家族が住まうにあたりリフォームの相談も一緒に。さらに、お父さまお母さまの住んでいた本家を取り壊し、アパートを建てる計画も同時に進んでいきました。その際、近藤から引き継ぎ、リフォームを黒柳が、2軒目の二世帯住宅を中里が担当することに。「近藤さんも変わらず顔を見せに寄ってくれるので安心です。またいい方に引き継いでくれて、黒柳さんも中里さんも本当に親切にしてくれています」と奥さま。

賃貸オーナーでもあるHさま。近藤のアドバイスもあり、ご実家の跡地にアパートを建て、息子さんが引き継いでいく
高級感あふれるフローリング、モダンな建具など内装にもこだわったHさま邸。インテリアコーディネーターとイメージを共有した

孫の“行ってきます、ただいま”の声を聞くとやっぱり元気がでます。

5年前に完成した二世帯住宅は、1階が親世帯、2階が子世帯の完全分離型。プライバシーを重視し、お互い干渉しないことを心掛けているそうですが、玄関と階段をひとつにしたのはご主人の思いから。「玄関を別にすれば顔も合わないからね。孫の“行ってきます、ただいま”の声を聞くとやっぱり元気がでます」と、現在も次の世代の安心も手に入れたHさまご家族です。

親世帯につくった続き間の和室。ご主人の趣味である骨董品や工芸品を置いている。お孫さんがゲームを楽しむ場所でも

左から黒柳、近藤、Hさまご夫妻、中里。気さくでいて信念を持つご主人と朗らかな奥さま。信頼するスタッフとともに

静岡市清水区/H様
ご家族構成:ご主人さま、奥さま、ご長男家族