セキスイハイム東海保険事業部では、火災保険、地震保険などを扱っております。ご相談、お問合せはお気軽に!

地震保険は、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害を補償します。

「万が一」の地震による損害に備えます


「地震保険」と「火災保険」の違いとは?
地震保険は、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による 損害を補償する地震災害専用の保険で、居住用の建物と家財が保険の対象となります。 一方、地震保険と混同されがちな火災保険では、地震・噴火・津波を原因とする火災損害 (延焼・拡大を含む)は補償されません。(地震火災費用保険金をお支払いする場合があります。)

「地震保険」支払いの例


火災 地震 津波 家財の損害

※地震等が発生した日の翌日から起算して10日を経過した後に生じた損害については、保険金は支払われないことが約款に規定されています。


火災保険との「セット契約」が条件です


地震保険は、火災保険に付帯して契約する保険ですので、火災保険への加入が前提となります。すでに火災保険に契約されている場合は、中途からでも地震保険に加入できます。
※警戒宣言発令後、地震防災対策強化地域に所在する建物・家財について新規契約受付および保険金額の増額はできません。ただし、警戒宣言発令中に満期を迎える契約については、保険金額が同額以下であれば継続して契約できます。

契約できる対象


地震保険中途付帯ご参考例




※1地震保険保険金額は火災保険の支払限度額(保険金額)の30〜50%に相当する額の範囲内で定めていただきます。
※2 当社での地震保険割引   
   ●建築年割引(10%)当社の建物は標準で対象となります。   
   ●耐震等級割引(等級に応じて10%・30%・50%)所定の確認資料取得の場合、対象となります。
※割引の重複はできません

さらに所得控除が受けられます


払い込んだ地震保険料は、その年の契約者の所得から控除されます。 また、保険金の請求は地震発生3年後まで可能です。

所得税 個人住民税

※ 2007年1月に地震保険料控除が創設され、従前の損害保険料控除は2006年12月末で廃止となりました。
※地震保険料控除は保険料を実際お支払いいただいた年に行われます。(口座振替の場合「実際にお支払いいただいた年」は振替日の属する年となります)

※2年以上の契約で保険料を一括してお支払いいただいた場合、一括払保険料を保険期間(年数)で割った保険料をお支払いいただいたものとして取扱われます。

支払われる保険金


全損 保険金額の100% 大半損 保険金額の60% 小半損 保険金額の30% 一部損 保険金額の5%

※3 時価とは、同等のものを新たに建築あるいは購入するのに必要な金額から、使用による消耗分を控除した金額です。
※4 1回の地震等による保険金の総支払限度額は11.3兆円(平成30年7月現在)です。万一、この額を超える損害が発生したときは保険金が減額されることがあります。この金額は、関東大震災級の地震が発生しても支払保険金の総額がこの額を超えることがないように決定されており、適時見直されています。

認定の基準(損害の程度)


セキスイハイム(鉄骨)の場合「開口部・外壁」が対象となりセキスイツーユーホーム (木質系)の場合「外壁・屋根・基礎・内壁」が認定部位となります。


ココに注意! クロスが剥がれただけの場合などは対象外となります。

損害認定方法


損害の状況については、損害保険会社の専門の調査員がお伺いし、「地震保険損害認定基準」に従って認定します。

阪神・淡路大震災以降加入が広まり、さらに2011年の東日本大震災以降で最も加入の増えている保険です。

住まいの保険
火災保険
地震保険
家財保険

暮らしの保険
傷害保険
がん保険
医療保険
女性保険
こども保険
家計保障定期保険
ペット保険

静岡県内全域に対応いたします。お気軽にご相談ください!!
※PDFファイルの参照にはADOBE READER(無料)が必要です。
※左記のバナーからADOBE READERのダウンロードサイトへアクセスし、お使いのOS環境に最適なバージョンのADOBE READERをダウンロードして下さい。