グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > マイホーム購入ガイド > 注文住宅と建売住宅はどちらが良い?

注文住宅と建売住宅は
どちらが良い?

夢の一戸建てマイホームを購入するなら、注文住宅と建売住宅(分譲住宅)のどっちを選んだらよいでしょうか?
注文住宅と建売住宅(分譲住宅)では、設計の自由度や入居できるまでの期間、そして費用などが異なります。
それぞれのメリットや心配な点など特徴を知ったうえで、自分にはどちらが合うのか考えてみましょう。

注文住宅と建売住宅とは?

注文住宅とは…

注文住宅とは…
注文住宅とは、間取りや設備など、自分で決定し建てる住宅のことです。また、土地に関しても、お好きな場所で建築できます。

建売住宅(分譲住宅)とは…

建売住宅(分譲住宅)とは…
建売住宅とは、分譲住宅とも呼ばれますが、基本的には、新築の家と土地をセットにして販売している住宅のことです。

それぞれの特徴や違い

注文住宅の場合

注文住宅の場合

自由に間取り、デザインを設計できる

理想の間取りやデザインを自由に指定することができるため、こだわりを詰め込んだ理想に近い住まいを建てることができます。

家が建つまでの工程を確認できる

建設途中の現場が、どのような工程でどんな構造になっているか、自分の目で確認できます。

入居まで時間がかかる

土地購入、住まいのプランニングなど決めることが多いため、入居までの期間が長くなります。またプランニングの内容によっては、予算が膨らんでしまうこともあります。

建売住宅の場合

建売住宅の場合

コストを抑えやすい

複数の住宅を建てるため、部材調達や工程が合理的のため、コストが抑えやすい

入居までの期間が短い

土地と住宅がセットで、大半の仕様も決まっているため、購入を決めたら入居までの期間も短くなります。

間取り変更など自由度を求められない

大幅な間取りの変更などはほとんどできません。ただし、キッチン設備や壁紙など、オプションとして若干の要望を実現することはできる場合があります。

良い点と注意すべき点まとめ

良い点 注意すべき点
注文住宅
  • こだわりを追求でき、空間や詳細まで設計の自由度が高い
  • 建築工程を確認できる
  • こだわりによって、時間もコストもかかる
  • 図面などでプランを決めるため、完成像がイメージしにくい
  • 土地と住まいの購入が別々で、入居までの期間が長い
建売住宅
  • 完成した住まいの実物を見て購入できる
  • 工程が合理的につくられているため、コストが抑えやすい
  • 土地と住まいの一括購入で、入居までの期間が短め
  • 完成済みのため、設計に自由度を求めることがほぼできない
  • 建築工程を確認することができない
※タップして横スライド

注文住宅か建売にするか決めるポイント

注文住宅と建売住宅の特徴について紹介しましたが、一戸建ての購入を決めたとき、そのどちらにすべきかで迷う方も多いでしょう。住宅の購入は人生の中で最も高い買い物です。購入するなら「この家で良かった!」と心から思える体験を味わいたいですよね。注文住宅か建売住宅かで迷ったなら、自分または家族が、次のどちらのタイプに近いのかで選んでみましょう。
注文住宅に向いているタイプ
  • キッチンやお風呂、リビングなど「こんな家に住みたい」といった、こだわりが強い
  • 自分の趣味を大事にしており家作りにも反映させたい
  • 他の人と同じような家にはしたくない
  • 着工から完成までの工程をチェックしながら家ができる工程を楽しみたい
建売住宅に向いているタイプ
  • キッチンやお風呂、リビングなどに強いこだわりはなく、住みやすい家、住みやすい地域で暮らしたい
  • 間取りや設備にも強いこだわりはなく、できるだけコストを抑えたい
  • 家の購入で失敗したくない。自分の目で完成品を確かめて購入したい
  • 家の購入に時間をかけたくない。早めに新しい生活をスタートさせたい