グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



TOP > マイホーム購入ガイド > コストを抑えた憧れのマイホーム分譲住宅とは?

コストを抑えた憧れの
マイホーム分譲住宅とは?

住宅の購入を検討する際に、よく目にするのが「分譲住宅」と「建売住宅」です。どちらも同じように見えますが、違いはどこにあるのでしょうか?住宅の購入は大きな買い物ですので、誰だって失敗はしたくないものです。自分が理想とする住宅を購入するには、それぞれの特性や違いを理解して、比較検討してみることです。今回は分譲住宅と建売住宅の違いや、「どのような人に向いているのか」についても解説します。

分譲住宅と建売住宅は何が違う?

分譲住宅と建売住宅は何が違う?

分譲住宅とは

分譲住宅とは、その名の通り、分譲地に建てられた住宅のことです。まとまった土地を住宅用として造成し、そこに同じコンセプトで作られた新築住宅を一軒一軒建てて、土地とセットで販売しています。見た目が似ている住宅が何軒も並んで、一つの街を作っているような風景を見かけたことはありませんか?それが分譲住宅の特徴です。

分譲住宅の3つのメリット

① 失敗のない住宅購入ができる

失敗のない住宅購入ができる

分譲住宅の一番のメリットは、「失敗のない住宅購入ができる」ことです。住宅購入は、人生の中でも最も高い買い物ですが、一度買うと決めたからには、自分の目で確かめて納得して買いたいものです。分譲住宅の場合、既に住宅が完成していますので、購入前に内覧することができます。外観、内観、間取り、敷地など、住宅購入に必要な要素がすべて確認できます。完成品を見て納得した上で購入しますので、オーダーメイドの家づくりにありがちな、「実際に住んでみたらイメージと違った!」ということもありません。その反面、施主の「もっとこうしたい…」という自由度はかなり制限されますが、「住宅購入で絶対に失敗したくない!」という方にとって大きなメリットといえます。

② 整備が行き届いた土地に住める

新築住宅が並ぶ分譲地は、もともとは田畑や山林だった土地を、人が生活しやすい「街」として造成します。土地の状態をより強化すべく、地盤調査や改良工事を行い、まとまった土地を1棟ずつ分譲しながら、電気、ガス、水道といったライフラインを敷設します。車が通行しやすい道路も整備され、周辺エリアには、公園、図書館、学校などの公共施設の設置やスーパーなどの商業施設も出店。子育て世代も安心して生活できる環境が整います。このように、分譲住宅は、住むエリアと住宅が決まれば、入居までの期間も短く、スムーズに引っ越しも進むので早く新生活がスタートできます。

整備が行き届いた土地に住める

③ 価格がリーズナブル

価格がリーズナブル

同じデザインで統一された住宅を複数建てますので、一度にまとまった建築資材の調達が可能になります。キッチンや浴槽などの住宅設備もそろえて発注しますので、こだわった家を1棟作るよりも、建築コストを安く抑えることができます。それは、そのまま住宅の販売価格(土地付)にもダイレクトに反映されますので、オーダーメイドの注文住宅よりもリーズナブルな価格で購入できます。また、住宅と土地を別々に購入する注文住宅と違い、土地と住宅を同時に購入しますので、はじめから「土地と住宅セットでいくら?」かがハッキリしています。住宅設備のグレードアップを希望することで発生するオプション工事もなく、追加でかかる費用もありません。そのため、住宅ローンを相談する際にも、支払金額が分かっているのでスムーズに進みます。

分譲住宅に向いている人
  • 住宅の購入で失敗したくない人
  • 予算を抑えて住宅を購入したい人
  • 時間をかけず早めに住宅を購入したい人
  • 整備の行き届いた土地に住みたい人

住宅購入で失敗したくないなら
自分で確かめられる
分譲住宅がおすすめ

住宅の購入は人生で最も高い買い物です。一度買うと決めたからには、絶対に失敗はしたくないですよね。「思い描いていたイメージと違う…」「もっと間取りをこうすればよかった…」など思いたくないものです。住宅を購入するには土地探しも必要ですが、住みたい土地をはじめから探すのも大変で、さらにゼロから家作りをスタートさせるとなれば、長い時間と大きな労力がかかります。

自分の目できちんと確かめて納得して、かつ長い時間もかけずに新生活をスタートさせたいなら分譲住宅がおすすめです。住み心地の良いエリアに、既に住宅が完成していますので、外観、間取り、インテリア、住宅設備などが確認できて、その周辺エリアの生活環境も確かめられます。買うからには、納得して長く住み続けられる住宅にしたいですよね

耐久性の高い家づくりで
静岡県戸建て住宅実績19年連続No.1

セキスイハイム東海では、静岡市をはじめ、藤枝市、浜松市、磐田市、袋井市、富士宮市、三島市、御殿場市、湖西市、菊川市、富士市などに分譲地を造成しており、おかげさまで静岡県での戸建て住宅建築実績19年連続No.1を走り続けています。(2002年4月~2021年3月現在)お客さまから支持される大きな理由が、丈夫で長持ちする「耐震性の高い家づくり」

住宅をユニットで分けて溶接して繋げる構造になっているため、地震が来ても、住宅にかかる力が分散され、耐震性に優れているのが特長です。住宅は見た目や設備の使い勝手の良さも大切ですが、近年頻発する大型地震や余震も続く状況を考えると、繰り返してやって来る地震に耐えられる構造かどうかが最も重要です。

丈夫で長持ちする家を選ぶなら、住宅購入費の安さだけで決めないことをおすすめします。というのも、住宅は建てた後もお金がかかるからです。安さが魅力的でも、住んでみたら気密性が低く、毎月の光熱費が以前よりも増えてしまった…というケースもよくあります。住宅は価格の安さだけで決めずに、購入した後にかかるお金のことも考えて選ぶことが大切です。

セキスイハイム東海の住宅は、丈夫で長持ちが最大の特長です。購入後にかかる費用も抑えられるため、60年という長い目で見ればコストパフォーマンスにも優れています。静岡県での戸建て住宅建築実績が19年連続No.1(2002年4月~2021年3月現在)でいられるには、こうした理由があります。

実際の住宅が見学できる展示場を県内各地にご用意していますので、「丈夫で長持ちする住宅を自分の目で確かめたい!」という方は、現在お住まいの地域の展示場で、実際の住宅をお確かめ下さい。見学はWEBサイトからでもご予約できます。

建売住宅との違いは?

建売住宅との違いは?

分譲住宅と似ているものに建売住宅があります。分譲住宅と同様、完成された住宅を土地とセットで販売する点では同じですが、何が違うのでしょうか。その違いは「販売の仕方」にあります。分譲地に住宅を建て、1号地、2号地、3号地と番号をつけてまとめて販売するのが「分譲住宅」です。一方、まとまった土地の中にではなく、ある決まった土地に新築住宅を建てて、一軒ずつ販売するのが建売住宅です。

よく住宅街の中で、既存の住宅の間に挟まるように、のぼり旗が立った新築住宅を見たことはありませんか?それが建売住宅になります。住宅と土地を売りたいものの、住宅が老朽化したため、「これでは売れない」と考えた売主が、一度住宅を解体し新築してから販売します。

以上のように、分譲住宅と建売住宅は、その販売の仕方に違いがあります。

建売住宅のメリット

建売住宅のメリットは分譲住宅と殆ど同じです。建売住宅も分譲住宅も、土地と住宅がセットで販売されています。従って、建売住宅のメリットは、上記で紹介した分譲地と殆ど同じで、「失敗のない住宅購入が可能」「価格もリーズナブル」な点にあります。一つ違う点をあげるとすれば、分譲住宅はデザインがほぼ統一されていますが、建売住宅は、個別での販売ですので、既成品とはいえ、統一されたデザインの分譲住宅とは異なります。「同じ土地に同じデザインの家に住むのはちょっと避けたい…」という方は建売住宅が良いでしょう。

建売住宅に向いている人
  • 住宅の購入で失敗したくない人
  • 予算を抑えて住宅を購入したい人
  • 時間をかけず早めに住宅を購入したい人
  • 分譲住宅のように同じ規格の家にするのを避けたい人

注文住宅とは何が違う?

注文住宅とは何が違う?

土地と住宅をセットで販売する分譲住宅や建売住宅に対して、注文住宅は、土地探しからはじまり、ようやく見つけた土地にゼロから家を建てます。注文という名の付く通り、施主の希望に合わせた「オーダーメイド」の住宅です。自分の好みの家を作りたい方は、注文住宅が向いています。

例えば、外観にこだわりたいなら、和風、洋風、南欧風などがあります。内装でいえば、ウォークインクローゼット、パントリー、対面キッチンなど、自分の生活スタイルに合わせた間取りも可能。自分たちのオリジナルな家が作れます。ただし、オリジナルにこだわるほど、当然費用がかかりますし、予算との兼ね合いで何かを諦めるなど検討する時間も必要になります。

また、こだわり過ぎた結果、例えば、浴室にリゾート気分が楽しめる設備を取り付けたものの、思っていたよりも使用頻度が低く、「本当に必要だったかな…」と、後悔してしまうケースもあるようです。

分譲住宅や分譲地の選び方

一度、分譲住宅の購入を決めたら、どのような住宅でどんな生活を送りたいのかを考えることが大切です。家族構成や子供の成長も想定しながら、必要な部屋数、部屋の広さ、キッチンやリビングの間取りなどを確認しましょう。また、住宅だけでなく、「地域性」も非常に重要です。住宅の周辺には、学校、公園、商業施設、病院などの施設があるかどうか、そこまでの移動距離、移動時間はどの程度かなどの確認も必要です。ここでは、分譲住宅や分譲地を選ぶ際のポイントについて紹介します。

ポイント①
分譲地の情報を集める

分譲地の情報を集める
分譲住宅の購入を決めたら、どのエリアに住みたいのかを決めなければなりません。一度にまとまった情報が知りたいなら、自分が住みたいエリアの不動産会社に訪問し、物件情報を集める方法があります。しかし、どのエリアに住みたいのかまだ決まっておらず、「どこのエリアにどんな分譲地や物件があるのかまず知りたい!」なら、インターネットでもまとめて集めることができます。

ポイント②
住みたい分譲地を散歩してみる

インターネットで情報を集めて、「ここの分譲地いいかも…」と思ったら、休日などを利用して住みたい分譲地やその周辺エリアをドライブしたり、車から降りて街並みをぶらぶらと散歩をしたりしてみましょう。インターネットの情報だけでは分からない「生活感」を肌で感じ取ることができます。また、近くに学校や公園、病院、銀行、スーパーなど生活に必要な施設があるかも確認できます。

住みたい分譲地を散歩してみる

ポイント③
モデルハウスを直接確認する

モデルハウスを直接確認する

分譲地やその周辺エリアの生活感をチェックしたら、分譲地にあるモデルハウスやオープンハウスを確認してみましょう。住宅といえば、まず見た目にこだわる人も多いと思います。しかし、例え見た目が自分のイメージと合わなくても、住宅の中身の使いやすさこそが肝心です。実際に見ているうちに、「家族にとってここは見逃せない確認すべきポイント」が分かってきます。また、1棟だけでなく、より多くの物件を見て歩くことをおすすめします。たくさん見ることで、比較検討ができ、一番住みやすい理想の住宅へ近づいていきます。住宅を見る際には、以下のポイントに注意しながらチェックしてみると良いでしょう。

分譲住宅のチェックポイント
  • 生活動線の便利さ
  • 間取りの快適さ
  • 収納スペースの広さ
  • 家具の使い勝手
  • 日当たり
  • 水回りの使い勝手
  • 家のセキュリティー設備状況
  • アフターサービス内容
  • 断熱性能
  • 耐震性能

分譲住宅は、既に完成されているので、住宅のベースになる「工法」「耐震性能」の確認は必須です!

住宅は見た目や設備の性能も大切!
しかし、最も重要なのは近年頻発する
地震や余震にも耐えられるかどうか

セキスイハイム東海の家作りの特長は、「耐震性の高さ」にあります。住宅をユニットで分けて溶接して繋げる構造になっているため、地震が来ても、住宅にかかる力が分散され、耐震性に優れているのが特長です。住宅は見た目や設備の使い勝手の良さも大切ですが、近年頻発する大型地震や余震も続く状況を考えると、繰り返してやって来る地震に耐えられる構造かどうかが最も重要です。

丈夫で長持ちする家を選ぶなら、住宅購入費の安さだけで決めないことをおすすめします。というのも、住宅は建てた後もお金がかかるからです。安さが魅力的でも、住んでみたら気密性が低く、毎月の光熱費が以前よりも増えてしまった…というケースもよくあります。住宅は価格の安さだけで決めずに、購入した後にかかるお金のことも考えて選ぶことが大切です。

セキスイハイム東海の住宅は、丈夫で長持ちが最大の特長です。購入後にかかる費用も抑えられるため、60年という長い目で見ればコストパフォーマンスにも優れています。静岡県での戸建て住宅建築実績が19年連続No.1(2002年4月~2021年3月現在)でいられるには、こうした理由があります。

実際の住宅が見学できる展示場を県内各地にご用意していますので、「丈夫で長持ちする住宅を自分の目で確かめたい!」という方は、現在お住まいの地域の展示場で、実際の住宅をお確かめ下さい。見学はWEBサイトからでもご予約できます。